2013年7月23日

歯磨きのコツとは??


日常の歯磨きにおいて、
磨けてるのかなー?という疑問や、
なんだかスッキリしない、というお悩みの方もなかにはいらっしゃるのではないでしょうか?
当院でも、ご相談をお受けすることがあります。
なので今日は、おうちでの歯磨きのコツを3点お話しします☆

最低3分は磨きましょう
お口の中に糖分があると、それをエサに虫歯菌の活動が活発になってしまいます。
「食事のあとは磨く!」という、1日3回の歯磨きが理想的です!
特に寝ている間は細菌が繁殖しやすいので、寝る前にはしっかりと磨きましょう。

また、磨き残しをしやすい場所がありますので、下記のような場所は特によく磨くことをおススメします^^☆

磨き残ししやすいところ
*歯と歯の間
*歯と歯茎のすき間
*奥歯の噛み合わせ面
奥歯はヘッドの小さい歯ブラシを使うと、細かいところまで磨きやすいです☆


歯ブラシの持ち方

DSC00075.JPGのサムネール画像

なかなか難しいのが、歯と歯茎のすき間に入ってしまった汚れを取り除くことです。
歯と歯茎の隙間を磨くときは写真のように、ペンを握るように歯ブラシをもつと適度な力で歯茎を傷つけずに磨くことができます!
また、歯と歯茎の隙間に毛先を当てるように角度をつけるととてもよく磨けます☆


力を入れて磨くのが大切だと思われがちですが、実は大切なのは力ではなありません~><
力を入れすぎると歯茎が傷付いてしまったり、歯の表面に歯ブラシを強くあてると毛先が開いてキレイに汚れが取れない状態になってしまいます。
なので、歯ブラシは軽くあてて、適度な力で、小さく細かく震動させるようにすることをおススメします☆
そうすることで磨き残しを減らせたり、歯茎のマッサージにもなり、歯周病予防にも繋がります☆

私たちも、「ツルツルになったな~」と思っていたのに
歯磨きチェックをしてみたら、「こんなに磨き残しが!?」なんてこともあります!
目に見えない汚れや細菌こそコワいものですよね!

当院では、こうした日常の歯磨きのご相談や、磨き残しが気になる部分の特殊な器具でのお手入れ、顕微鏡を使ったチェックなどをさせて頂いております^^!

まずはお気軽にご相談下さい!

本日も皆様のご来院、ご連絡をお待ちしております☆


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日


予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気