2015年2月23日

かめばかむほど良いことづくし!

咀しゃくとは、歯で食べ物をかみくだき、飲みこみやすい大きさにし、だ液とよく混ぜ合わせて消化吸収しやすくすることです。

実は、歯を抜けたままにしていたり、虫歯や歯周病で使えなくなっていたり、歯に合わないつめものを使用したりしていると、かむ力が弱くなり、健康に悪い影響を及ぼすことがあります。

日ごろからきちんと歯の治療をしてお口の健康を保つことは、全身の健康にも良いことなのです。

かむことのさまざまな体への良い効果をご紹介します。

●食べ物をかみくだいて、消化を助ける
●だ液の量を増やす

良くかんでゆっくり食べると、だ液の出る量が増えます。だ液には歯についた食べかすを洗い流したり、口の中を中性にして再石灰化を行ったりするなど、歯に良い影響を与えます。
また、つかれの元となる活性酸素という物質を消してしまう効果もあります。

●あごの筋肉を発達させる
●脳の血のめぐりを良くして、頭痛を予防したり、集中力を高めたりする
●肥満予防の効果もある

よくかんでゆっくり食べると、血糖値が上がりやすくなります。血糖値とは血液の中にあるブドウ糖の濃さのことで、血糖値が上がると満腹感を感じます。
満腹感があれば食べ過ぎたりしませんので、食べる量がちょうどよくなります。

よくかめるということは、体にとって良いことばかりです。
何より、お食事がおいしくできますよね。
健康で、いつまでもおいしくお食事ができるように、健康なお口の状態を保ちましょう!

お困りの時は、早めに歯医者へ受診して下さいね。


予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気