2015年3月30日

歯ぐきから血が出る病気とは?

歯みがきをしていたら血が出た・・・
そんな経験はありませんか?

それは、もしかしたら歯周病の初期症状かもしれません。

歯周病は歯ぐきの病気で、歯肉炎と歯周炎に大きく分けられます。

歯肉炎は、歯ぐきは腫れているが、歯を支えている骨(歯槽骨)は損傷を受けていない状態です。
歯周炎は歯肉炎がさらに進み、歯を支えている骨(歯槽骨)がとけている状態とされています。

歯みがきがすみずみにまで行き届かず、残ってしまったプラーク(歯こう)が原因です。

どちらも自分ではほとんど気がつかないので、わかったときには重症になっている場合が
多くあります。
重症になると、歯ぐきから血が出たり、歯が抜けてしまう恐い病気です。
歯ぐきの先が赤く腫れて丸くなっていたら注意が必要です。

歯周病は50歳をこえると、日本人の半数近くがかかる病気ですが、
歯科医院での定期的なクリーニングで予防をすることができます。

大切な歯を守るために・・・自覚症状がなくても、歯科医院で今から予防をしていきましょう!

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気