2015年6月29日

親知らずは抜く?残す?

親知らずとは、一番最後に生えてくる4本の奥歯のことです。
4本のうちの2、3本しかはえなかったり、4本すべてはえないこともあります。
親知らずを含めると、人間の永久歯は合計32本になります。

多くの場合20歳前後ではえ始めるため、親がこどもの歯のはえ始めを知ることがないので、親知らずという名前がついたといわれています。
また、乳歯が永久歯の「親」と考えると、親知らずには、対応する乳歯が存在しないので、「親知らず=対応する乳歯がない」と考える説もあるようです。
親知らずの問題点は、正しくはえなかったときの歯みがきが難しく、虫歯になりやすいことと、となりの健康な歯にトラブルを与えることです。

親知らずは抜いたほうが良いというイメージがあります。確かに親知らずは、斜めだったり、横を向いたり、正しくないはえ方をすることが多いです。
しかし、ただしくないはえ方をした場合でもトラブルがなければむやみに抜く必要はありません。
親知らずを抜くのはトラブルをおこしているときです。
例えば、親知らずは上下の歯の片方だけはえることもあります。
その場合、対になる歯がないので直接歯ぐきにあたり、傷をつけたり炎症をおこしたりします。また、無理にかみ合わせようとすることで、歯並びが崩れてかみ合わせが悪くなることがあります。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気