2015年7月21日

歯が黄色くなる!?原因は?

歯はさまざまな原因で色が変わります。色が変わる原因を大きく2つに分けると、内側からくるものと外側からくるものに分けられます。
内側からくる原因として主なものは、年をとったことによるもの。テトラサイクリンという薬によるもの。子どもの頃にフッ素をとり過ぎたことによるもの。歯の外傷により神経が死んでしまったことや、治療で神経を抜いたことによるもの。そのほかに虫歯などがあります。
外側から来る主な原因には、日本茶や紅茶、コーヒー、コーラなどに含まれている色素が歯の表面につき、かたまってしまうことや、歯につめた金属が原因で色が変わることがあります。

歯の色を白くする方法にホワイトニングがあります。
ホワイトニングは過酸化水素という消毒薬に使われる成分を利用し、歯についた色を分解して白くするという方法です。
ホワイトニングの後は、歯が酸にとけやすくなりますが、時間がたつと元に戻ります。
歯医者さんで行うものと、家庭でできるものの2通りありますが、虫歯があるなどホワイトニングができない人や、ホワイトニングの効果が出ない場合もありますので、まずは歯医者さんへの相談してみてください!

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気