2015年9月28日

歯が乗るハンモックとは?

「噛むとき」「食いしばるとき」、歯は大きな力を受けます。
この力が直接歯槽骨や脳にガンガン響かないように、歯根と歯槽骨のあいだには、歯を包み込んで衝撃を和らげるハンモックのような役割をしている膜があります。

この膜は歯根膜といって、「歯」と「骨」というまったくちがう世界をつないでいます。
とても細い糸でできていて、糸の両端は歯と歯槽骨に入り込んで、2つをしっかりとつなげています。ちょうどハンモックの紐が木にしっかりと縛り付けられているのと同じです。

自派と歯槽骨をつなげている歯根膜の細かい糸をシャーピー線維といい、歯根が歯槽骨の歯槽というくぼみからスポスポ抜けないのはこの繊維のおかげなのです。

実は歯根膜には、歯や骨を作ったり壊したりする細胞、血管、神経も含まれています。
たとえば膜の歯槽骨側には骨を作る細胞がいつでも待機しています。歯の側では歯のセメント質という部分を作る細胞が働いています。

また、歯根膜は三叉神経という太い神経につながっていて、歯根膜が「噛んだぞ」と伝えると。その情報は脳の「やる気」「考える力」「記憶」に関係する場所を刺激することがわかっています。「噛むこと」は「元気に生きること」につながっています。
その鍵となるセンサーが歯根膜のなかに隠れているんですね。

歯磨きをするときは、歯根膜のことも思い出して、歯と歯茎の境目もきれいにするようにしましょう!

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気