2015年10月26日

乳歯のすきっ歯がとても大事!

駐車場って、車がきちんと並んでいますよね?これは車を停めるのにちょうどいい区画が一列に用意されているからです。もしもここに他の車も駐車しなくちゃならなくなったらどうでしょう?無理に駐車したら、ガタガタにはみ出てしまうでしょうね。

歯がきれいに並んでいるのも、これとまったく同じです。並ぶスペースが足りないと、歯並びはガタガタになってしまいます。

乳歯列は上下10本ずつの合計20本でできています。つまり、車10台分の区画が2列向かい合わせで並んでいるようなもの。ところが、次に生えてくる永久歯は上下14本ずつの合計28本。そう考えると大変です!上下4本ずつも増えたら、並ぶスペースが足りません!

でも、大丈夫です。乳歯列は2歳半~3歳くらいで生えそろいますが、はじめは歯のあいだにはほとんどすき間はありません。でも、永久歯が生えはじめる6歳ごろまでの約3年間に、歯が植わっているあごの骨が成長して土台のスペースが広がるのです。歯と歯のあいだにすき間が開いてくるのは、将来永久歯が並ぶために必要なスペースなんですね。

その後、永久歯に生え替わっている間もあごの骨は成長し続け、20歳くらいでほとんどの人のあごの成長は止まります。

今はすき間が気になったとしても、将来歯がきれいに並ぶかと思うと楽しみですね。

乳歯にすき間ができないまま永久歯に生え替わると、生える場所が足りず急に歯並びがガタガタになることがあります。もしも気になったら、矯正の先生に相談してみましょう。

お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気