2015年12月28日

「おいしさ」は口とのど全体で感じます!

こどもの日に食べる柏餅、おいしいですよね。ところで、「柏餅がおいしい」と感じるのはどこでしょう?この質問をすると「舌」という答えが多いんです。でもそれだけでしょうか?

柏餅をひと口サイズにちぎって舌の上に置いてみてください。「柏餅だ、おいしい!」とは感じませんね。よく噛んでみて、そこで初めておいしいと感じます。つまり味のセンサーは、舌と、それ以外にも口の中のいろんな場所に備わっているのです。

まず、舌の粘膜には「味蕾」という味を感じる装置があります。味覚には「甘味」「塩見」「酸味」「苦味(辛み)」そして「うま味」という5つの基本味があり、「うま味」以外の4つの基本味は感じるところが決まっています。辛いもの、苦いものなどは舌の奥の方で感じます。噛んでしばらくして「辛い!苦い!」とびっくりするのはそのためです。

味蕾は、上あごやのどの奥、すなわち咽頭、喉頭蓋にまであります。例えば、甘くやわらかいシュークリームは舌で上あごに押しつぶして食べますね。ぬるめのお味噌汁は口の前方に少しためて味わいます。冷たいジュースは一気に飲んでのどの奥で「冷たいおいしさ」を楽しみます。これは味によって感じる場所が異なっている証拠。私たちは知らず知らずおいしく感じる場所を覚え、食べ方を工夫しているのです。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気