2016年3月28日

急に歯が痛くなった時はどうすればいい?

夜中や休日に急に歯が痛くなった時は、次の応急処置をしてみてください。

ただし、痛みが治まってもそのままにせず、必ず早めに歯科医院で診察を受けましょう。
むし歯は自然に治ることは絶対にありません。

①鏡で口の中をチェックし、痛い歯に食べかすがはさまっていたら、デンタルピックかつまようじでそっと取り除いて下さい。

②氷水で浸したタオルをぎゅっと絞り、頬全体を覆うようにして冷やして下さい。発熱時におでこに貼る冷却シートでもかまいません。

③体を温めないでください。お風呂やこたつに入ると血行がよくなり痛みが強くなります。

④解熱・鎮痛剤を飲んでください。頭痛だけでなく歯痛にも効きます。

⑤歯痛に効くツボ(合谷)を指で押すと痛みが軽くなります。

これらを試しても耐えられない痛みが続く場合は、救急病院に相談してみましょう。

2016年3月22日

唾液パワーで若々しさを保つ「アンチエイジング歯科」

「アンチエイジング歯科」という名称を聞いたことがあるでしょうか?
歯医者さんとアンチエイジングなんて意外な組み合わせに思えますが、ここでは口と歯の健康を増進することで全身の老化を防ぐ指導が行われています。

若々しさを保つ秘訣は、唾液パワーにあります。唾液はむし歯や歯周病予防にも力を発揮しますが、その成分には、皮膚や骨、脳など全身の細胞の新陳代謝を促したり、気力や活力を生み出したりと、心身のさまざまな機能を若返らせる「パロチン」という唾液ホルモンが含まれることがわかってきました。「ペルオキシターゼ」という成分には、発がん物質によって産生される活性酸素を抑える働きもあります。

また、食べ物をよく噛むことで唾液の分泌は10倍にもなるといいますが、噛むという動作は顔の肌や粘膜のコラーゲンや、骨のカルシウムを増やし、口のまわりの筋肉も鍛えます。


つまり、歯が健康でしっかりと噛めれば、全身の健康と美容をキープできるのです。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気