2016年4月25日

歯周病の原因は「プラーク」と「歯石」

歯周病の第一の原因は、歯磨きで取り除けなかった「プラーク」です。

プラークは食べかすだと思っている人が多いですが、実は歯周病菌などの細菌のかたまりです。
わずか1mgのプラークには約1億個もの細菌が棲みついています。

プラークは最初は軟らかいので歯磨きなどで取り除くことができますが、さらに時間が経つと、唾液中のカルシウムなどと結合して石灰化し、約2週間後から硬い「歯石」になりはじめます。
この歯石は歯磨きでは除去できません。
また表面がざらざらしているので放置すると歯石の上にさらにプラークがつきやすくなり、歯石はたまるいっぽうです。

このプラークは歯肉溝の中に入り込み、歯周組織を破壊しながら歯肉ポケット、歯周ポケットを作り、さらに深いところへと進んでいきます。
歯周病菌は酸素を嫌うため、空気の少ない深い歯周ポケットは恰好の棲家。
奥へ奥へと歯周病菌はプラークとともに侵入し、炎症が広がっていくのです。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

歯周病・歯槽膿漏

歯を失う1番の原因は歯周病であり、日本人は40代以上の9割は歯周病と言われています。
歯がしみる、ぐらぐらする、歯茎から出血があるなどの症状が見られたらご相談ください。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気
周辺地域の情報