2016年5月 9日

歯周病が進行するとやがて歯が自然に抜け落ちる

歯肉炎が進行すると炎症が根の先の方向の歯周組織へ広がり、次第に歯肉ポケットが深くなっていき、さらに歯の周りの骨を壊す歯周炎に移行すると歯周ポケットが作られます。

歯周ポケットの奥深くに入り込んだプラークや歯石は取り除くのが難しくなり、プラークの中の歯周組織は、どんどん繁殖して歯周組織を攻撃し続けます。
炎症が進んで中等度の歯周炎になると歯槽骨の破壊が進み、少し硬いものを食べただけでも歯が動き、歯肉からもよく出血するようになります。

さらに重度の歯周炎になると、歯肉が大きく下がって歯が伸びたように見え、歯と歯の隙間が大きくあき、歯の揺れもさらに大きくなります。
歯周ポケットから膿が出ることもあり、ひどく口が臭うようになります。
歯をぐっと噛み合せると痛みも伴います。

ここまで進行すると、もう歯の根を支えられるだけの歯槽骨は溶けてなくなり、歯が自然に抜けてしまいます。
また、歯を残す治療自体も困難となってしまいます。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

歯周病・歯槽膿漏

歯を失う1番の原因は歯周病であり、日本人は40代以上の9割は歯周病と言われています。
歯がしみる、ぐらぐらする、歯茎から出血があるなどの症状が見られたらご相談ください。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気
周辺地域の情報