2016年7月11日

歯周病にかかっていると「血糖値」が下がらない

 糖尿病になると、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの分泌が減るため、血糖値が下がらなくなります。ここで歯周病を併発していると思わぬことが起きます。

 歯周病菌が免疫細胞を刺激して炎症性の「サイトカイン」という物質を作り出し、この炎症性サイトカインが歯周病のある歯肉の毛細血管から血液中に流れ込むと、インスリンの働きを阻害することがわかったのです。

 そのため、糖尿病の患者さんが歯周病にかかっていると血糖コントロールがうまくいかず、糖尿病の治療をしても改善されないばかりか重症化する可能性があります。

 逆にいえば、徹底した歯周病ケアにより糖尿病の改善が期待できるのです。歯周病を合併した糖尿病患者に歯周病治療を行ったところ、血糖値が改善された例も報告されています。

 いまや日本人の成人の6人に1人が糖尿病かその予備軍といわれています。血糖値が気になる人は特に糖尿病の予防や治療が欠かせないと心得ましょう。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気