2017年1月30日

②歯科で行う「歯周病」の予防と最新治療

 失われた歯周組織の再生を促す「GTR法」
 前述した外科では歯周ポケットを改善することはできても、歯を支える歯槽骨までを回復させることが不可能です。
そこで近年、歯槽骨も含めた歯周組織を蘇らせる「歯周組織再生療法」が急速に普及してきました。そのひとつが「GTR法」です。

 GTR法では、歯肉を切開してスケーリング、ルートプレーニングしたのち、歯と歯肉との間にGTR膜という特殊な膜を挟んで隙間を作ってから縫合します。
歯槽骨や歯根膜、セメント質を再建する細胞がその隙間に入り込む性質を利用し、新たな歯周組織の再生を促すのです。

 このようにGTR法は画期的な治療法ですが、歯周病の進行状態によっては適応できない場合もあり、必ず行える治療ではありません。
また、歯周組織が再生し治療が完了するまでには半年から1年程度の期間を要します。その間は手術をした部分に細菌が入らないように口の中の衛生状態を厳しく自己管理する必要もあります。

 最新の歯周組織再生療法「エムドゲイン療法」
 GTR法で用いたGTR膜の代わりに、「エムドゲインゲル」と呼ばれるゲル状の薬剤を用いた歯周病組織再生療法がエムドゲイン療法です。

 手術はGTR法とほぼ同じで、歯肉を切開してスケーリング、ルートプレーニングしたのち、歯と歯肉との間に止血をほどこしてエムドゲインゲルを塗布します。

 このゲル剤は、歯が生えてくる時に重要な働きをする成長因子を含んでいます。これが歯と歯肉の間に重要な細胞を呼び込み、新たな歯周組織を作り上げ、歯周組織の再生を促す役割を果たすのです。

 エムドゲイン療法は、GTR法と比べて手術が比較的簡単に行えるというメリットがあります。現在、最も優れた治療法といえますが、重度に進行してしまった歯周病には適応できません。そこまで重症化しないうちに治療を始めることが求められます。


2017年1月16日

⑭家庭でできるむし歯と歯周病の予防法

 バランスよく噛むための歯によい姿勢
 姿勢と噛み合わせには深い関係があります。例えば、いつも足を組んだ姿勢で食事をしていると、特定の歯ばかりに力がかかる噛み方になり、その歯は原因不明の痛みや不調を起すのです。

 ある程度の筋力をつけ姿勢の癖を直すだけで、噛み合せのバランスがよくなり、症状が消えることは少なくありません。

 また、あごの不調は体を支える体幹の筋肉が弱かったり、体幹の筋肉バランスが悪くても起きます。体幹の筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルがあり、両者はバランスを取り合って体をまっすぐに支える働きをしています。四つんばいのエクササイズは両者を同時に鍛えますので、ぜひ普段の運動に加えてください。

 免疫力をアップする「低体温」改善法
 本来、人間の体温は36.5~37度くらいが理想。これが体内の酸素が最も活性化される温度ですが、現代人には低体温の人が増えてきます。

 低体温ということは血流の悪さを物語っています。「歯の冷え症」の項目でも述べましたが、血流が悪いと免疫力が低下して歯の不調を招きやすい状態と言えます。

 低体温の改善法としてはさまざまな健康法が存在します。温かいお湯にゆっくりつかる入浴法をはじめ、夏でも湯たんぽを活用したり、足先とお腹に使い捨てカイロを貼るなど、外から熱を与える方法がひとつ。

 また、体の中からも温めるためにはショウガがおすすめ。例えば紅茶にショウガのしぼり汁をたっぷり入れた「ショウガ紅茶」を毎朝の習慣にしてはどうでしょう。会社や外出先には、お湯の入ったポットを常に持ち歩くだけでも変わってきます。

 歯の健康と全身の免疫力向上のために、体を冷やさない生活を心がけましょう。

2017年1月12日

⑬家庭でできる虫歯と歯周病の予防方法

 「歯の冷え症」を予防する 口の血管マッサージ法
 指先や足先の冷えがつらい人は、歯の冷え症になっている可能性があります。歯そのものが冷えているのではなく、歯の周囲の毛細血管の血流が悪くなっているのです。

 歯の冷え症になっていると、口の末端の毛細血管まで酸素や栄養が充分に行き渡らないため、口の中の免疫力が低下して歯周病や虫歯にかかりやすくなったり、原因不明の歯の痛みやグラつきにつながることがあります。

 そこで、「口の血管マッサージ」で歯の健康を増進しましょう。歯の血流を良くすると自然治癒力がアップしたり、原因不明の歯の不調が改善される人もいます。また、頬のリフトアップもなり、アンチエイジング効果というおまけも付いてきます。

 刺激を与えるのは、血管が集まっている歯ぐきと頬の内側の境目部分。歯ブラシの柄のおしりの部分を使ってマッサージしてください。血行が高まる入浴時がおすすめ。就寝前の歯磨きと一緒に習慣化してしまいましょう。

 唾液の分泌を促す「唾液腺」マッサージ法
 ここまで唾液の質や量を高める食事や生活習慣について説明してきましたが、マッサージによる外からの刺激で唾液分泌を促す方法もあります。

 唾液を分泌する「唾液腺」は口の中に2か所あります。

 耳たぶのやや前方の頬にある「耳下腺」は、酸っぱい食べ物を想像した時に唾液がじわっと出てくるところ。上あごからサラサラした唾液を分泌します。

 顎の骨の内側の柔らかい部分にある「顎下腺」は、食べ物をまとめるための粘り気のある唾液を下あごから分泌します。
 唾液腺マッサージは、唾液の分泌を促すだけでなく、リラックス効果も期待できます。力を入れすぎないようにやさしく押しましょう。

 この方法はむし歯や歯周病のほか、特にドライマウスや口臭が気になる人にもおすすめ。病気の人やお年寄りの口腔ケアとしてマッサージしてあげるのも効果的です。
 

お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気