2017年3月27日

⑦歯科で行う「むし歯」の予防と最新治療

矯正.jpg
 むし歯や歯周病の予防にもなる「大人の歯列矯正」のすすめ
 いまや大人の矯正は珍しいことではなくなりました。

 歯列矯正はブラケットという小さな金具をすべての歯の表面に貼りつけ、ブラケットの中央の溝にワイヤーを通して固定する方法が一般的です。大人の場合の治療期間は2~3年。費用は80万~100万円程度です。

 ただ、どうしても金属の器具は見た目の印象を損ないます。そこで近年では、歯の色に似せたセラミック製ブラケットや、透明なプラスチック製ブラケット、あるいは歯の裏側に取りつける治療方法などが開発され、歯列矯正のイメージは変わりつつあります

 最新の方法として、透明なマウスピースを使う矯正も登場しています。目立たないうえ、自由に取り外しできるため、食事や歯磨きを普段どおり行えるのが大きなメリットです。

 ただし、治療期間が長く費用も効果になります。また、マウスピースだけでは治せない場合もありますので、歯科医師とよく相談して決めましょう。

 加齢による黄ばみも解消「ホワイトニング」
 歯のホワイトニングには歯科医師で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。いずれも歯を傷めることもなく安全です。

 オフィスホワイトニングでは、消毒液と同じ成分の過酸化水素を含むペーストを歯に塗り、光を当てることなどで薬の漂白効果を高めます。自分でおこなうわずらわしさがなく、個人差はありますがたいてい3~4回の施術でも白さが得られる最大のメリット。1回の治療は60~90分で済みます。

 ホームホワイトニングは、過酸化水素よりも低刺激の過酸化尿素という薬をマウスピース状のトレーに入れ、1日2時間ほど歯に装着するケアを2週間くらい続けます。自分で白さを加減しながらマイペースで進めたい人におススメです。

 いずれも費用は歯科医院によってかなり幅があり、歯の本数や回数、方法によっても異なります。ホワイトニングに力を入れている歯科医院を選ぶといいでしょう。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気