2017年5月29日

2.言葉と歯並び

言葉うぇお.gif 
 言葉はどうやってできるのですか?
 言葉を出すには、頭の中の言語中枢で、何を、どのように言うかをまず決めます。それからその言葉は相手に分かるために音として口から外に出さなければなりません。
そのため、口を働かせるためにこれを運動神経に伝えます。
 
 このようにして、たとえば「手」という言葉を言う時には、口の中では舌の神経が働いて、舌の先が上顎の前歯の裏との間で息をはれつさせます。このようにして言葉は出ます。
 
 会話中の言葉は、色々な種類の語音が組み合わさり、長く続いて出てきます。ですから、頭の中や口の中はさらに複雑に働いています。

 言葉が出るには、このように口の中の形や働きの他に、相手の言う言葉を理解する能力(耳の聞こえを含む。)、必要な言葉を選び、使う能力(知能)、情緒の安定、言葉を覚えるときの環境(言語環境)などの条件がそろっていることも必要です。

 6.どうすれば発音がうまくなれるのですか?
 話している時、唇は動いていても上下の歯はほとんど噛み合せた状態で話している人をみかけます。このように口の開け方が悪い場合には、声がこもって聞き取りにくくなります。
そこで、発音が上手になる為には、まず口を十分に開けて話すことを心がけましょう。そのための方法として、鏡を見ながら、ア、イ、ウ、エ、オをそれぞれ言ってみましょう。「ア」の時に軟口蓋が見えるほど口が大きく開いていますか。「イ」の時に口が横に十分ひけていますか。

 このように口の開け方に注意しながら、朗読の練習をするのも良いと思います。この場合はただ読むのではなく、最初はゆっくり、丁寧に一語一語はっきりいうようにして読みます。このような読み方に慣れてくると、次はだんだん普通のはやさに変えていきます。

 他に注意することとしては、話すとき、相手の目を見て、自身をもって話すことです。

2017年5月22日

2.言葉と歯並び

 しゃべりずらい.png
3歯の並び方が悪いと声が変わると聞いたけど本当ですか どうして歯と声が関係あるのですか
 歯並びや噛み合わせがよくないと、言葉の音に影響することがあります。1つ1つの言葉の音を出すことを構音といい、唇、舌、歯、歯蓋、口蓋などは、構音に欠ける事の出来ない大切な道具(構音器官)です。
唇や舌と歯、歯茎、口蓋との間でいろいろな子音が作られます。サ行音、シャ行音は舌先を歯や歯茎に近づけて狭い隙間から息を出して音を作り、ラ行音は舌先で歯茎をはじいて音を出します。大部分の人は、舌と歯、歯茎を利用してサ行音、シャ行音、タ行音、ラ行音などを出しています。

 ところが下顎が前に突き出ていると舌と歯や歯茎との間で出す音であるサ行音、ザ行音、ッ、チなどに異常が生じやすくなります。前歯がかみ合わず開いている(開咬)場合は、サ行音、タ行音などが、舌を上下の歯の間にはさんで出す不完全な音となったりします。
 
 4.しゃべりにくい言葉があるのですけれど何か歯と関係があるのですか?
 小学校6年生からの質問です。口の中や耳の働きなどに異常が無いように思えるのに、言いにくい言葉あるとすれば、舌小帯異常症といって舌がひきつれている場合があります。これは見逃されやすく、言葉に言いにくさが出て初めて気が付くことが多いのです。

この場合、6年生の年齢では、ラ行音、に言いにくさが残っている場合が多いのです。治療方法は、この年齢では手術をして、その後、機能訓練、あるいは構音治療を行えばよくなります。

 また、歯並びや噛み合わせのちょっとした異常や、舌の使い方に問題がある場合にも言いにくさが出る人がいます。この場合には構音治療でたいてい良くなります。

2017年5月15日

2.言葉と歯並び

しゃべりにくい.jpg 
 歯があると、どうして上手にしゃべれるのですか?
 話すとき歯が必要な言葉の音(語音)は、サ、ザ、ツなどの歯音タ、ダ、ナ、ニャ、ラ、リャ、チャ、ジャ、シャなどの歯茎音です。このような語音を言う時に歯がなければひずんだり、言えなかったりします。そればかりか全体の言葉までがおかしく聞こえることもあります。

 しかし、歯音、歯茎音の語音を言うには、歯があるだけでは不十分です。語音を言うにはまず息が必要です。この息は、軟口蓋と喉との働きで、必要なだけの分量が口の中にためられます。さらに、舌が働いて、歯との間でこの息をまさつさせたり、はれつを起させるなどして歯音、歯茎音が上手に言えるのです。

 そこで、歯がなかったり、乳歯が生えたあとすぐに虫歯などで噛めないような状態になっていると、まさつやはれつが十分できなくなり、歯音や歯茎音の語音が上手に作れなくなります。
 ですから、話すときには歯がとても大切なのです。
 
 歯がないとしゃべりにくかったり言葉が変化するのですか?
 前歯が抜けていると、歯音と歯茎音をいうとき、息が漏れてひずんでしまいます。
とくに前歯が抜けて一番影響を受けるのは歯音です。なぜかというと、歯音は前歯と舌の先との間で息をまさつしながら言う語音だからです。
そのためサ、ス、セ、ソ、ザ、ゼ、ゾおよびツの語尾は歯が欠けているよひずんでしまい、話し方がおかしく聞こえます。

 また、歯が抜けるとこれらの語音が言いにくくなるので、歯の抜けている場所を舌でふさいでしゃべる習慣がつくことがあります。
このような習慣がつくと、永久歯が生えた後、あるいは子供様の入れ歯を入れた後にも、この悪い習慣は簡単にはとれないので、話し方がやはりおかしく聞こえる場合があります。

2017年5月 8日

1.口の中の働き

乳歯と永久歯.jpg
 B.歯の働き
 歯がいいとどんないいことがあるのですか?
 ここでは歯がきれいな人と世界一多くホームランを打った王選手を考えてみましょう。

・歯のきれいな人
 昔からきれいな歯は健康美のひとつと言われています。映画俳優にも歯の汚い人はいません。歯がきれいな人はその人が話しかけたり、微笑した時に口元から見えるきれいな歯並びによって、きっと周りの人たちを楽しい気分にしたり、人の心をひきつけてしまうことでしょう。

・王選手
 世界一たくさんホームランを打った王選手の歯、特に奥歯はそうとう酷使されたようです。すごい集中力でボールにバットを当てる瞬間、顎には非常に大きな力がかかります。この力を支えるのは主に奥歯です。したがって、王選手に健康な奥歯があったからこそ、この大記録が生まれたのです。もし奥歯が健康でなかったら・・・?


 歯の力は強いですか、弱いですか?
 ひとくちに歯といっても、歯には、前歯、犬歯、臼歯といった種類があり、それぞれの歯で支えられる力の大きさもさまざまです。一番強い力を持つのは第一大臼歯で、約60㎏といわれています。反対に最も力が弱い歯は前歯で、10㎏くらいといわれています。たいてい、後ろの歯になるにつれて噛む力は大きくなっていきます。
ただし、これらは健康な成人の場合であって、歯にむし歯や歯周病といった病気があれば、噛む力(咬合力)は小さくなります。また、年を取るとそれにつれて噛む力は小さくなります。

 子どもの咬合力は、歯の種類だけでなく、年齢や性別によっても異なります。咬合力が最も強い歯は第二乳臼歯で、男児では3歳・14㎏、4歳・15.6㎏、5歳・21.3㎏、女児では3歳・13.7㎏、4歳・15.2㎏、5歳・20.4㎏です。また、前歯では5~6㎏くらいです。

2017年5月 1日

口の中と歯の働き

歯の構造.png 
 B歯の働き
 1.なぜ歯という名になったのですか?
 歯という字は今から約3000年前、古代中国の殷の時代に亀の甲や獣の骨などに刻まれ、使われた非常に古い漢字のひとつです。最初は口とハの形に象って作られましたが、その後、始皇帝で有名な奏の時代に「シ」という発音を示す「止」の字が加えられました。物を噛む時、上下のハでかみ止める働きがあるのでこの「止」が加えられたようです。
 日本に漢字が伝わったことがわかり、使われるようになりました。そしてその後、簡略された「歯」の字が現在、私たちが使っている字になりました。


 2.歯はどのような役目があるのですか(歯は噛むほかに役目はあるの)
 歯は口の中に生えているのは1部分で、根は顎の骨の中に埋まっています。そして、根の中には神経や血管が入っています。口の中の部分は歯冠といい、骨(歯槽骨)の中に埋まっている部分は歯根といいます。
 歯間の表面はエナメル質といってとても硬い部分です。歯根はセメント質でおおわれており、歯根膜といってゴムのような線維によって骨(歯槽骨)につけられています。

 歯の第一の役目はなんといっても食べ物を噛むことですが、歯と歯がかみ合うと場所によっては約60kgにも及ぶ力がかかることがあります。この時、歯根膜はクッションの役割を果たし、顎の骨に大きな力がかからないように保護しています。

 歯は噛むだけでなく、発音とも深い関係があります。サ行やザ行は歯がないとうまく発音することができません。
 また顔の美しさを形づくっている役目もあります。

お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気