2017年6月26日

3.歯の仕組み・形・大きさ(その3)

歯根膜.jpg
 4.歯はどのようにして歯茎についているのですか?
 顎の骨には歯根とほぼ同じ形をした穴があいており、そこに歯は歯根を入れています。歯根と歯槽との間には.01~0.4mmの隙間があいており、歯根膜という繊維の束が多数走っている組織があります。
これらの繊維は一端は顎の骨の中に、反対側は歯根の表面を覆っているセメント質の中に入っており、歯を顎にしっかりと固定しています。さらに、歯に加わった力を受け止めたり(クッションの役目)歯がわずかに動くことができるようにしています。
また、顎の表面を覆う歯茎は歯の歯頚部で歯のセメント質と歯槽骨にしっかりと付着しており、歯を固定するとともに、歯根部と口の中との隔てて、保護する働きをしています。

 5.歯の中には何が入っているのですか?
 歯は口の中に出ている部分を歯冠、顎に埋まっている部分を歯根といい、これらの境界部の歯頸といいます。
歯の大部分は象牙質と呼ばれ、最も厚く、骨よりやや硬い組織で作られています。歯の中央部には歯と似た形をした歯髄腔という空洞があり、歯根の先端まで細い管で続いています。
この象牙質に囲まれた空洞は血管と神経が豊富な歯髄と呼ばれる柔らかい組織で満たされています。この歯髄は象牙質やエナメル質に栄養を与え、また、保護しています。
歯間の象牙質の表面は、人間の体の中で最も硬いエナメル質が覆っています。エナメル質は上の歯と下の歯がかみ合う部分では2mmほどの厚さをもち、歯頚に向かって次第に薄くなります。
歯根の象牙質の表面は骨と非常によく似た、厚さが0.1~0.2mm以下の薄いセメント質が覆っています。セメント質は歯根膜とともに歯を顎の骨に固定する働きを行っています。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

2017年6月19日

3.歯の仕組み・形・大きさ(その2)

エナメル質硬い.jpg 
 歯はどのようにして歯茎についているののですか?
 顎の骨には歯根とほぼ同じ形をした穴(歯槽)があいており、そこに歯は歯根を入れています。歯根と歯槽との間には0.1~0.4mmの隙間があいており、歯根膜という繊維の束が多数走っている組織があります。
これらの繊維は一端は顎の骨の中に、反対側は歯根の表面を覆っているセメント質に中に入っており、歯を顎にしっかりと固定しています。
さらに、歯に加わった力を受け止めたり歯がわずかに動くことができるようにしています。また、顎の表面を覆う歯茎は歯の歯頸部で歯のセメント質と歯槽骨にしっかりと付着しており、歯を固定するとともに、歯根部と口に中とを隔てて、保護する働きをしています。

 歯の中には何が入っているのですか?
 歯は口に中に出ている部分を歯冠、顎に埋まっている部分を歯根といい、これらの境界部を歯頸といいます。歯の大部分は象牙質と呼ばれ、最も厚く、歯根よりやや硬い組織で作られています。
歯の中央部には歯と似た形をした歯髄腔という空洞があり、歯根の先端まで細かい管で続いています。この象牙質に囲まれた空洞は血管と神経が豊富な歯髄と呼ばれる柔らかい組織で満たれています。
この歯髄は象牙質やエナメル質に栄養を与え、また保護しています。歯間の象牙質の表面は、人間の体の中で最も硬いエナメル質が覆っています。
エナメル質は上の歯と下の歯がかみ合う部分では約2mmほどの厚さをもち、歯頚に向かって次第に薄くなります。歯根の象牙質の表面は骨と非常によく似た、厚さが0.1mm~0.2mm以下の薄いセメント質が覆っています。セメント質は歯根膜とともに歯をあごの骨に固定する働きを行っています。

 歯はどのくらい硬いのですか? 
 歯は歯冠を覆うエナメル質は体の中で最も硬く、水晶とほぼ同じ硬さで、モース硬度計では6~7の値を示します。また、セメント質と骨はほぼ同じ硬さで、象牙質よりわずかに柔らかく(モース硬度計ではいずれも4~5の値)ガラスよりやや柔らかい硬さを示してます。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

2017年6月12日

3.歯の仕組み、形、大きさ(その1)

エナメル質.gif 
 歯は何でできているのですか?
 人間の体を作っている細胞や組織との間を埋める働きをするものを膠原繊維といいます。この細長い糸状の膠原繊維がお互いに絡み合って、歯と同じ形の複数網目状の土台が作られます。
そこにリンとカルシウムからなるハイドロキシアパタイトと呼ばれる小さな結晶が、ぎっしりと沈着して、骨よりやや硬い歯の大部分を占める象牙質が作られています。さらに、口の中に見える歯の表面は、アパタイト結晶がすき間なく石垣のように積み重なったエナメル質によって覆われています。

 歯はなぜ硬くて、丈夫なのですか?
 歯の表面は食物などを噛み砕いたり、すりつぶすために、非常に硬い、丈夫なエナメル質で覆われています。
エナメル質の下には歯よりやや硬い組織で弾力性のある象牙質が歯の大部分を作り、エナメル質に加わった力を支えています。エナメル質は成分の約96%が無機質で作られています。
いったん、歯が完成すると再びエナメル質が付け加えたれたり、作り変えられることはありません。したがって、エナメル質は硬いけれども非常にもろく、強い力が加わると欠けてしまう事もあります。

また、エナメル質は酸に容易に溶け、虫歯の原因菌が作り出す酸で溶けむし歯が発生するのです。

 歯の大部分を占める象牙質と、歯の根の表面を覆うセメント質は、ともに無機成分が約60~70%で、残りは有機成分と水分からで作られています。
これらは骨と似た成分からなり、骨とほぼ同じ硬さを示します。しかし、歯の表面を覆うエナメル質は骨とは成分や硬さが非常に異なっています。
また、骨の中には多数の血管が走っており、骨を養っていますが、人の歯を作っている硬い組織の中には血管が認められません。したがって、歯は骨と似ていますが、骨ではありません。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

2017年6月 5日

2.言葉と歯並び(その4)

矯正器具.jpg 
 矯正の器具をつけてしゃべるとあまりはっきりしゃべれないので、どういうふうにしょべればはっきり聞こえるようになりますか?
 矯正器具をつけてから口が開けにくくなったり、唇や舌が動かしにくくなりましたか?鏡を見ながらいろいろな音を発音してみましょう。

 器具に邪魔されて、唇がしっかり閉じなかったり、舌が上顎にしっかり当たらないと、発音がはっきりしません。相手は聞き取りにくいと感じます。小さな声や早口はやめましょう。少し大きめの声で相手の顔を見てゆっくり話すように心がけて下さい。

 もちろん器具が外れれば、またしゃべりやすくなります。歯並びを治すための大切な装置です。どうしてもしゃべりにくい時は矯正の先生に相談しましょう。

 なぜ動物には歯があるのに人間みたいにしゃべれないのですか?
 言葉を持っているのは人間だけで他の動物はもっていません。これはなぜなのでしょうか。

 人間は、動物と違って二本足で歩くようになりました。みなさんも四つんばいになってみるとわかると思いますが、この姿勢で首を持ち上げるとかなり喉が苦しくなります。そのため、簡単な発声はできても複雑な言葉をしゃべることができません。

 人間は二本足で立つようになったため口と喉がはっきりと区切られ、喉を通ってきた声が口の中で様々に変化をうけて言葉として出てくるようになったのです。また、二本足で歩くようになった結果、脳が発達し、脳の中の言葉中枢と呼ばれる言葉に関係する領域も発達しました。そのため、人間だけが複雑な言葉というコミュニケーションの手段を持つようになったのです。

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

歯列矯正

海外では「歯列矯正は親の義務」と言われるほど、きれいな歯並びは一生の宝物です。
当院は歯列矯正の専門の医師も在籍しているので、成長期のお子さんはもちろん成人された方も矯正できます。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気
周辺地域の情報