2017年7月24日

夏期休診のお知らせ

平成29年7月30日(日)から8月6日(日)まで、夏季休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、宜しくお願い致します。
尚、8月7日(月)から通常診療となります。

3.歯の仕組み・形・大きさ

歯の形.jpg
 人間の奥歯はなぜ凸凹しているのですか?
 人の歯のうちで前の歯はジャベル型ですが、臼歯の歯冠の形は箱型(六面体)です。
上の歯と下の歯がかみ合う面(咬合面)には丘のように丸くもり上がった大きな隆起が4~5個あり、隆起したところと隆起したところの間には谷や溝があります。
歯と歯がかみ合った時には、隆起したところは反対側のくぼんだ谷間のところにはまり込んで、その間に食物をはさんですりつぶしたり、押しつぶしたりします。
 
 どうして前の歯と後ろの歯で、形や大きさが違うのですか?
 食べ物をよく咀しゃくするためには、噛み切ったり、噛み砕いたり、押しつぶしたり、すりつぶしたり、いろいろな違った働きをしなければなりません。
歯はそのいろいろな働きにあったような形と大きさをしています。野菜などを噛み切るために、切歯によってちょうどはさみの様な働きができるようになっています。

 犬歯は先端が槍の先のようにとがっていて硬い食べ物を突き刺したり、噛み砕いたり、肉などを引きちぎったりすることが出来るような形をしています。

 臼歯は箱型で、上と下の歯がかみ合う面ができて、その間に食べ物をはさんで、おしつぶしたり、すりつぶしたりする働きをしています。

 人の歯がいろいろな形をしているのは、それぞれの歯の働きが違い、その働きに都合の良いような形と大きさになっているからです。

歯の形を最大限に生かすためにかみ合わせ見直してみませんか。

2017年7月21日

患者さんからよくいただく質問

患者さんからよくいただく質問にお答えいたします。
ご覧になりたい質問をクリックすると、ページ内の該当箇所までジャンプします。

Q. インプラント治療にいくらかかりますか?

回答

A. インプラント自体は1本100,000円です。

あとは、インプラントの上に被せる物によって変わってきます。
当院では光機能を施しているインプラント、また、HAコーティングを施したインプラントを採用し、より短い期間でしっかりと安定する施術を行っています。
インプラントの相談、CTを撮影した精密診断の他、骨をほとんど削らないオステオトーム法による手術、簡単な骨造成等も無料で行っています。
お気軽にご相談下さい

Q. インプラントを入れるのに痛みはありますか?治療期間はどのくらいですか?

回答

A. 手術前にしっかりと麻酔を効かせてから行いますので、ご安心下さい。

滅菌を徹底し、スピーディかつ繊細な手術を実施しています。術後の腫れもほとんどありません。
治療期間は早い方で1~2ヶ月となっています。

※患者さんのお口の中、骨の状態により異なります。

Q. インプラントはどのくらい持ちますか?

回答

A. インプラント自体はチタン製ですので、半永久的に機能します。

インプラントが入ってから約10年で90%以上残るというのが多くの研究論文で発表されています。
中には40年以上残っているというインプラントも多数あります。
しかし、これはあくまでも、定期的な通院でメンテナンスを行った上での結果です。
通常の歯と同じように、お手入れが不足すると歯茎が痩せ抜けてしまう事もありえます。
当院ではメンテナンスもしっかり行っていきますので術後もご安心下さい。

Q. 金属アレルギーなのですが、インプラント治療を行うことはできますか?

回答

A. インプラント本体は純チタンで出来ています。

チタンでのアレルギーは現在のところ報告されていませんのでご安心下さい。
その他にも不安な事はお気軽に相談下さい

Q. 骨が少ない人でも治療できる可能性があると聞きました。どんな治療方法ですか?

回答

A. 骨量が充分でない場合は骨再生治療を行っています。

CT撮影を行った後、画像診断で骨の高さ、幅、硬さなどを測定し、そのデータを基準に手術を行います。 骨量が充分でない場合は、ご自身の血液から骨を再生する、骨再生治療を行っています。 この方法は、自分の血液を使用するので、感染リスクがほとんどありません。

また、自分の骨を移植する自家骨移植と比べると血液採取の針の痛みだけなので、骨移植のような痛みも出ないというメリットがあります。 他の骨補填剤を使用した場合と異なり、免疫拒絶反能の心配もありません。 人工物のみを使用する際と比べて安全性が非常に高い治療法です。

当院ではこの方法を採用し、より多くの患者さんにインプラント治療を行えるように取り組んでいます。 お気軽にご相談下さい。

当院は厚生労働省の指定した安全基準「外来環」をクリアしている医院です。

当院は厚生労働省の指定した安全基準「歯科外来診療環境体制(外来環)」をクリアしている医院です。

患者さんにより安全・安心な医療を提供するために、院内感染予防の対策を徹底的に行っております。 使用する器具は患者さんごとに滅菌処理しパック処理を施すなど、細菌を限りなく0にする準備を万全にしています。

当院の滅菌方法

2017年7月20日

高品質で低価格なインプラント

imp_header.jpg contact01.gif

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 咬めるようになって、楽しく食事をとりたい
  • インプラント治療は高額なので、決めかねている...
  • 治療期間がどのくらいかかるのか気になる...
  • 手術・治療は痛くないか心配...
  • インプラントを入れたらどのくらい持つのか...
  • 技術力の高いインプラントを受けたい

一つでも当てはまれば当院へお越しください
プラザ若葉歯科では以下のような提供をしています。

  • インプラントなら、他の歯に負担をかけることなく治療できます
  • 高品質な治療を低価格で行っています(インプラント1本10万円).
  • 短期間で治療終了するために光機能化インプラント導入しています
  • 静脈内鎮静法で無痛インプラントが可能です。
  • 保証期間は5年。術後の徹底したメンテナンスでいつまでも咬める
  • 経験豊富な医学博士が担当。設備も整っていて安心です



院長紹介

院長紹介
患者さんの心に寄り添うことを大切に考え、スタッフ全員が診療に誇りを持ち日々研鑽に努めています。
院長プロフィール

インプラントの種類と治療の流れ

インプラントの種類と治療の流れ
インプラント治療について細かく打ち合わせを行います。 疑問、不安な点は遠慮なく打ち明けて下さい。
治療の主役は"あなた"です。
インプラントの種類

当院のインプラントの利点と価格

当院のインプラントの利点と価格
当院ではインプラントも高品質で低価格な料金に設定してあります。
インプラントの料金表

患者さんからよくある質問

患者さんからよくある質問
患者さんからよくいただく質問と、院長である篠田からの回答です。
患者さんからよくいただく質問
imp_header.jpg

2017年7月19日

アクセスマップ

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1 レクセルプラザ若葉101


アクセス東武東上線 若葉駅 西口 徒歩2分
駐車場駐車スペース5台
予約完全予約制
受付時間
曜日 日・祝
9:00-13:00
15:00-19:00
休診...水曜日・日曜日・祝日
※土曜の午後は15:00~17:30


2017年7月18日

3.歯の仕組み・形・大きさ

歯の違い.jpg 
 歯が硬かったり、丈夫なのは遺伝するのですか?
 子どもの歯の場合、お母さんのおなかで4ヵ月頃から作られ、大人の歯(永久歯)の場合も、エナメル質は8歳くらいまでに完成されますが、その時までに必要な栄養が与えられなかったり、大きな病気をすることによって、歯の質や丈夫さは左右されます。

 親と子供の顔形がよく似ているように歯の形や大きさが似ていることは古くから知られていることで、歯の数、形や大きさは遺伝子的なものが強く関与していると言われています。しかし、一度生えてしまって歯の質は変えられません。

 大人と子供の歯はどう違うのですか、どうやって見分けるのですか?
 子どもの歯は生後6~8ヵ月から2歳半くらいの間に順次生えてきて、上下の顎で20本の歯が生えそろいます。6~12歳になると次々と脱落し、大人の歯と交代します。
永久歯の奥歯は乳歯の後ろの方に6歳頃になると1歯生え、12歳頃と、18~20歳ごろに1歯ずつ生え、合計12本が生えてきます。
面白いことに、これらの大臼歯は生えかわらないのです。

 乳歯と交代する永久歯のちがいは、乳歯では歯冠(口の中に頭を出している部分)が比較的短くて幅が広く、歯冠のつけね(歯頚部)に帯状の高まりがとりまいています。
歯の大きさは乳歯のほうが一般に小さいのです。乳歯の歯間の色は乳白色ですか、永久歯ではやや黄色味をおびています。

 子どもの歯は軟らかいですか?
 子どもの歯(乳歯)のエナメル質を大人の歯(永久歯)のそれと比較しますと、無機成分(カルシウム・リンなど)の量は乳歯の方がわずかに少ないようです。
またエナメル質の厚さは乳歯のほうが薄くなっています。このことから子どもの歯の方が軟らかく、虫歯にかかりやすいのかもしれません。

一人で座れない子もお母さんの膝の上なら安心
歯医者さんでお口を開ける練習から始められます!

歯科外来診療環境体制(外来環)とは?

外来環とは、正式には「歯科外来診療環境体制加算」といい、厚生局から認定を受けた医院保険算定上の加算のことを指します。
外来環を取得しているということは、診療中の緊急事態への対応や、感染症対策としての措置など、安心・安全への取り組みが厚生労働省の定める水準をクリアしているということになります。

2017年7月17日

お問い合わせはお気軽にどうぞ

最先端CTの検査・医学博士の診断で専門医による手術
インプラント1本10万円

contact01.gif メール送信

埼玉医科大学医学博士
日本先進インプラント医療学会(IAI)
国際口腔インプラント学会(AIAI)
日本口腔外科学会
日本口腔インプラント学会
院長 篠田 智生

外来環の基準

厚生労働省の定める環境整備基準は以下の通りです。(要約)

(1)常勤の歯科医師が医療安全対策に関わる研修を修了している
(2)歯科衛生士が1名以上配置されている
(3)緊急時の初期対応ができる医療機器を設置している
(4)緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との連携体制ができている
(5)感染症対策として、口腔内で使用する医療機器等が、患者ごとに洗浄・滅菌処理が充分にできている
(6)感染症患者への歯科診療として、診療体制が整っている
(7)歯科ユニットごとに、診療中飛散する細かな物質を吸収できる機器を設置している
(8)歯科診療に関わる医療完全管理対策を実施している旨を院内に掲示している

2017年7月10日

3.歯の仕組み・形・大きさ

歯の寿命.jpg 
 歯には寿命はあるのですか?
 一般に年を取るとそれにつれて歯も抜けると考えられています。歯が抜けるのも一種の老化現象ですのでそういった意味では歯に寿命があると言えるのでしょう。
これは歯を支える周りの組織が年を取るにつれて弱くなり、骨が吸収され、その結果歯が抜けてしまうと言った現象です。

 現在の日本人歯の寿命は人の平均寿命より短いことが分かりました。これは、むし歯や歯周病という病気により、本来の歯が持っている寿命より早く抜けてしまうからです。
これらの病気の原因は歯の周りにたまった汚れですが、この汚れが付かないように正しく歯を磨くことにより、歯の寿命を大変長くすることができます。
また、乳歯の場合は、体の大きさに合わせて生えかわりますが、これも歯の寿命といえます。
 
 人間は歯がないと生きられないのですか?歯が無いとどうなるのですか?
 人間の口の働きには発音と食物を噛み砕いて咀しゃくをする重要な機能があります。歯の中で特に前歯が無くなった場合には、発音がしにくくなったり、自分の意志が思うように人に伝えられなくなってしまいます。
また、食物を噛み切ることもできなくなってしまいます。奥歯がなくなれば食物を噛み砕いて口の中で十分に小さくすることができなくなってしまいます。
口は食べ物の入り口です。歯で食べ物を十分に小さくして胃や腸での消化、吸収を大いに助けているわけです。
機能とは別に、歯がなくなったまま長期間放置すると、残っている歯が移動したり、傾斜したりして歯並びが悪くなります。

 動物によっては歯がなくなると狩ができなくなって死んでしまうものもあります。人間は人口の歯をいれることができますし、食べ物などを工夫することで生きていくことができます。

私たち人間には治療や予防から、義歯・入れ歯の装着まで、歯を守り歯の機能を補う様々な方法があります!
当院は義歯・入れ歯にも自信があります。

2017年7月 3日

3.歯の仕組み・形・大きさ

元気な歯.jpg
 どうして歯に神経があるのですか?
 歯の神経は歯髄といいます。歯髄の働きには次のようなことがあります。
 ①象牙質の形成:豊富な血管網により、歯髄並びに象牙質に栄養を補給して、象牙質の形成を行います。

 ②防御反応:外からの刺激に対して、第2象牙質を形成し、歯髄を守ります。

 ③:知覚:歯髄内には神経線維が多く、外からの刺激を痛覚として感じます。また、象牙質に加えられてた刺激は象牙細管を経て、歯髄に伝達させ痛みとして感じます。

ということで、歯に神経があると、外からの刺激に反応(歯がしみたり、ズキズキしたり)して信号を送ってくれるのです。

 歯が抜けるとどうして血が出るのですか?
 歯は根が骨の中に埋まっています。そして歯の根と骨の間には、歯根膜というゴムのような線維があるのです。この繊維によって歯は骨の中に吊り下げられているのです。
そしてこの繊維の中には神経や血管が通っていて、それらの神経や血管の一部は根の先から歯の中へ入り込んでいます。
そのため、歯が抜けると歯の周りの歯根膜がちぎれて、その中に含まれる血管も切れてしまいます。そうして血が出てくるのです。

 歯は生きているのですか?
 生きています。歯は顎の骨の中に根が埋まっています。根は骨に直接くっついているわけではなく、歯根膜というゴムのような線維によって吊り下げられています。
この繊維の中には神経や血管が通っていてその一部は歯の中にも入り込んでいます。この神経や血管は顎の骨を通して全身の神経や血管とつながっています。
虫歯の治療の時に麻酔の注射をうたれた経験をお持ちの方も多いかと思います。これは、歯の神経が生きているため、歯を削る時に痛みが生じるのでそれを防ぐために麻酔をするのです。

麻酔の注射も痛くないってホント?
地域で話題になっている無痛診療は当院です。

歯のこばなし
今日のお天気