2017年9月19日

6.歯のみがき方、歯ブラシ、歯みがき剤

歯ブラシ.jpeg
 歯磨きせずに歯を守ることができませんか?
 歯磨きしないで歯を守ることは大変難しいと思います。

 なぜかというと、私たちの食事やおやつがほとんど加工されているからです。食べやすく味も良くするために、煮たり、焼いたり砂糖を加えたりしています。加工する事により、食べ物などが口の中に残りやすくなり、食べ物に含まれる砂糖がむし歯の細菌のエサになります。

 細菌は砂糖などをもとに、グルカンという白いネバネバしたものを作り、特に、歯と歯の間や奥歯の噛み合わせの面や歯と歯ぐきの境目に着きます。これが歯垢と呼ばれているものです。
歯垢はうがいをしただけではとれません。歯磨きをしないと取れないのです。そして、歯垢が酸を出すと、この酸が歯をとかします。これがむし歯の原因となりますし、エンドトキシンというものをだすと歯ぐきの病気の原因となります。

 野生の動物にはむし歯や歯茎の病気は見当たりませんが、人にかわれると加工食品をたべるためにこれらの病気にかかりやすくなります。動物園やえずけされた猿にはむし歯や歯ぐきの病気がよく見られます。

 いつまでも自分の歯で食べれるようにするためにも、やはり、しっかりと歯を磨くことが大切です。

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気
周辺地域の情報