40歳以上の8割がかかっている歯周病の怖さとは?

私たちの歯は、歯肉(歯ぐき)、セメント質、歯根膜、歯槽骨から構成される「歯周組織」によって支えられています。
歯周病はその歯周組織が歯周病菌によって壊される病気です。

健康な歯でも、歯と歯肉の境目には0.5~2㎜程度の隙間があります。この隙間は「歯肉溝」と呼ばれてます。歯磨きを怠るなどして歯肉溝付近にプラークや歯石がたまると歯周病菌が棲みつき炎症を引き起こします。この歯周病菌が歯周病の真犯人です。

歯周病の多くは、はっきりとした自覚症状がないまま進行し、徐々に重症化していきます。そのまま放置していると、歯肉が腫れて痛みや出血を繰り返し、やがて歯を支えている歯槽骨が溶かされ、歯が抜け落ちてしまうのです。

また、歯周病の恐ろしさは歯を失うだけにとどまらず、糖尿病、心筋梗塞や脳梗塞、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症、ある種のがんといったさまざまな全身の病気に関わることがわかってきました。
歯周病対策は、こうした全身疾患の予防・治療の意味でも重要なのです。

予約
歯のこばなし
今日のお天気