年をとっても健康な生活を!8020運動

「8020運動」って聞いたことありますか?

日本は世界の中でも一番の長寿国です。
しかし、いくら長生きしても不健康な生活では楽しくはありません。
そこで、厚生省(現在の厚生労働省)と日本歯科医師会は平成元年に「8020運動」という
運動を提唱しました。

これは「80歳になっても20本の歯を保とう」という運動です。
80歳になっても20本の歯があれば、ほとんどの食べ物はかみくだくことができて、
おいしく食事ができるからです。これは、健康で楽しい生活にもつながります。

現在、80歳の1人平均の歯の数は約10本で、20本以上歯がある人の割合は21.1%です。
(平成17年歯科疾患実態調査より)。まだまだ8020運動が達成されたとはいえませんが、
運動が始まって以来、20本以上歯が残っている人の数はふえているようです。

いつまでも自分の歯でおいしくお食事できたらいいですよね!
歯科医院では、痛むところがなくても「痛くならないように」メンテナンスと予防に
定期的にいらしていただくことをおすすめしています。
お気軽にご相談くださいね!

歯のこばなし
今日のお天気