子供の歯、大人の歯


・乳歯
 子供の歯である乳歯は合わせてて20本あります。
前歯から順に乳中切歯(にゅうちゅうせっし)、乳側切歯(にゅうそくせっし)、乳犬歯(にゅうけんし)、第一乳臼歯(にゅうきゅうし)、第二乳臼歯といいます。
 乳歯は生まれて8~9ヶ月ごろから、多くの場合は下の前歯からはえてきて、だいたい3才頃にはえ揃います。

 乳歯は永久歯と比べてエナメル質と象牙質が薄くて柔らかくできています。
また、全体的に歯は小さく、永久歯より虫歯になりやすいので注意が必要です。



・永久歯
 永久歯は6歳ごろからはえ始めます。永久歯は切歯、犬歯、小臼歯、大臼歯に分けることができます。
 永久歯は親知らずを含めて 32本あります。前歯は中切歯、側切歯と呼ばれ、上下で8本。犬歯は上下左右で4本。奥歯は全部で20本あり、第一小臼歯、第二小臼歯と第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯があります。
 第三大臼歯は親知らず(智歯※ちし))とも呼ばれます。



 普段聞きなれない言葉が出てきましたが、歯は場所によりそれぞれ名称があります。
 1本1本を大切にしていきまそうね!
歯のこばなし
今日のお天気