虫歯の進み具合

虫歯は、進み具合で治療方法が違うことを知っていましたか?

虫歯の進み具合はC1からC4の4つの状態に分けられます。
しかし、虫歯はだんだんと進んでいくので、判断することが難しいときもあります。
その場合はエックス線写真をとったり、最近は虫歯を数値化する技術も出てきました。

C0とは...
C1と健康な歯の間に、歯が白くにごっているが虫歯とはいいきれない段階があります。
最近では、明らかにエナメル質がやわらかくなっていたり、歯に穴が空いていないかぎり、
治療は必要ない(観察は必要)歯として扱うことになっています。

C1とは...虫歯の進み具合がエナメル質にかぎられた状態です。
痛みはなく、白くにごったように見えます。この段階ではほとんど削る必要もありません。
フッ素などを使って再石灰化を助け、プラーク(歯こう)が歯につかないように、
しっかりと歯みがきを行えば良いでしょう。

C2とは...
虫歯の進み具合が象牙質まで進んでいる虫歯です。
冷たいものや温かいものがしみたり、食べ物が虫歯の穴につまると痛くなったりします。
治療方法は、虫歯の部分を削り、金属や樹脂を使ったつめ物を。歯の削った部分につめます。

C3とは...
かなり大きな穴が空いてしまい、虫歯が歯の中の神経にまで進んでいる状態です。
ここまで進んでしまうとズキズキと強い痛みが出てきます。
治療は麻酔をして歯の神経を取り付けます。つめ物も大きなものを使って、
被せなければならなくなることがほとんどです。

C4とは...
虫歯により歯の大部分が失われた状態です。
神経もほぼしんでしまい痛みを感じなくなることがほとんどです。
しかも、死んでしまった神経が原因で歯の根の先が病気になり、治療が難しくなる場合があります。また、歯を残すことが不可能な場合は歯を抜いてしまうこともあります。

歯科医院では、虫歯が深く進行してしまう前に検診をおすすめしています。
まだ小さな虫歯なら、削る量も治療期間も最小限ですみます。
気になるところがあったら、早めに歯科医院を受診しましょう!

歯のこばなし
今日のお天気