虫歯予防の方法

虫歯予防には、歯自体に行う予防、虫歯菌を減らす予防、食生活による予防の3つがあります。
この3つの予防を行うことで虫歯予防の効果が期待できます。
また、虫歯予防には、歯医者さんでしかできない専門的な予防と、家庭でできる予防があります。

歯医者で受けられる予防のひとつに「シ-ラント」があります。
シ-ラントとは、虫歯になりやすい歯のみぞやくぼみを、プラスチックの材料を使って、前もってうめてしまうことです。
みぞやくぼみに入り込む虫歯菌を防ぐことで、虫歯になりにくくする方法です。
シ-ラントは割れたままにしておくと、そこから虫歯菌が入り、かえって虫歯になりやすくなることもあるので、歯医者による定期検診を受ける必要があります。

もうひとつ、「フッ素コーティング」という方法があります。
歯の表面にあるエナメル質はハイドロキシアパタイトという物質でつくられています。
このハイドロキシアパタイトは虫歯菌の出す酸に弱い性質を持っています。
しかし、フッ素(フッ化ナトリウム)を歯にぬると、フッ素とハイドロキシアパタイトがむすびついて、酸に強い、とけにくい性質になります。
また、フッ素には一度とけたエナメル質をもう一度つくる効果(再石灰化)があります。
さらにプラーク(歯こう)の中に入り込んだフッ素は、虫歯菌が酸をつくることをおさえる効果もあります。

歯のこばなし
今日のお天気