抜けた歯はどうする?

乳歯が抜けた時、日本では「下の歯は屋根の上にほうり投げ、上の歯は縁の下に投げ入れる」という風習があります。これは、新しい歯は抜けた歯がある場所に向かって生えるという言い伝えから、歯がまっすぐきれいに生えてほしいという願いをこめたものです。

最近では、抜けた歯をとっておくための専用の小物入れがあり、それに入れて記念にとっておく人もふえています。

それでは、世界の国々ではどのような風習があるのでしょう。
日本と同じように、屋根の上に投げる国には、シンガポールやタイ、ベトナム、中国などがあります。
アメリカやカナダ、イギリスなどでは、「寝る前にまくらの下においておくと、歯の妖精が持っていって、代わりにお金やお菓子などのプレゼントをくれる」という話があります。
フランスやスペインのように、歯を持っていくのが妖精ではなくネズミという国も多いようです。
また、アフガニスタンやバングラデシュでは、ネズミの巣穴に落とし、エジプトやオマーンでは、太陽に向かって投げるそうです。
チリやコスタリカのように、抜けた歯をペンダントやイヤリングにする国もあります。

様々な風習がありますが、歯の生えかわりはどこの国でも、うれしい子どもの成長と考えているようです。

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

歯に美の視点をプラスする審美歯科

歯をより白くしたい、歯並びをきれいにしたい、歯茎の色をピンクに改善したいなどの要望にお応えします。
ただ見た目をきれいにするだけではなく、噛み合わせなどの歯に必要な機能もしっかり調整します。

予約
歯のこばなし
今日のお天気
周辺地域の情報