キシリトールの効果は?

キシリトールの予防効果をご存知ですか?
キシリトールは、シラカバやカシなどの木の樹皮からとれるキシランという物質を原料にして作れる甘味料です。甘味料は砂糖のように甘い味がするものです。
しかし、キシリトールは砂糖とは違いミュータンス菌に歯をとかす酸を出させません。
ふつうミュータンス菌は糖を取り入れてエネルギーにしますが、キシリトールを取り込むことはできないのです。そのため、ミュータンス菌は弱ってしまう上に、酸も出せません。
またキシリトールにはだ液の分泌を助ける効果があります。だ液には歯からとけ出したカルシウムを元に戻す(再石灰化)効果があるので、虫歯の予防になるのです。

では、キシリトールはどのように使うと効果的なのでしょうか?
キシリトールは長い期間使わないと予防効果が出てきません。使い始めてから2週間から1ヵ月くらいたつと効果が出てきます。
また、フッ素(フッ化ナトリウム)とキシリトールの両方を使用することが、フッ素だけで予防するよりも、虫歯の予防効果が高いと言われています。例えば、フッ素とキシリトールが一緒に入った歯みがき剤は効果的です。
フィンランドでは、フッ素入りのトローチにキシリトールを入れたものを口の中に含むという虫歯予防がありますが、この方法だと長い時間フッ素とキシリトールが歯にふれるため、虫歯予防にとても効果的です。
日本でも、キシリトールガムやチョコレートなど、キシリトールを含んだ食品が多くあります。
ただし、キシリトールを取り入れていればむし歯ににならないというわけではありません。虫歯の治療方法のひとつとして、上手に使っていきましょう。

予約
歯のこばなし
今日のお天気