口の中と、のどの仕組みについて

口の中ってどんなふうになっているの?
食べ物が口の中に入り、いったん口にとどまると、口は「噛む」という仕事を始めます。
この仕事は、「口腔」と呼ばれている口の中の広い場所で行われます。
口の天井は「口蓋」と呼ばれています。「口に蓋をする」という意味があったようです。
この口蓋を前の方から見ていくと、骨の裏打ちのある硬口蓋があり、うしろのほうへいくと骨の裏打ちがなくなるので軟口蓋といいます。その奥には、「のどちんこ」と呼ばれる口蓋垂があります。この口蓋垂から舌のほうへ弓状になっているところがあります。これを口蓋舌弓といい、ここまでが「口腔」。そのうしろはのど(咽頭)になります。
そして、上のあごから下のあごをカーテンのようにつなぐのが頬粘膜(ほっぺの内側)です。これらのさまざまな部分で「口腔」という空間が作られています。この場所が「噛む」ための舞台です。

のどの入り口は食べ物も空気も通ってとても複雑!
「口腔」(口の中)は、上くちびると下くちびるから舌の付け根あたりまでのことをいいます。その奥はのどの入り口(咽頭)です。鼻の穴から奥のことを鼻腔といいますが、その奥ものどの入り口です。鼻腔と口腔は、咽頭でつながっています。
空気は、「鼻⇒のどの入り口(咽頭)⇒のど(喉頭)⇒気管⇒肺」という経路を通りますが、食べ物・飲み物は「口⇒のどの入り口⇒食道⇒胃」という経路を通ります。
空気と食べ物・飲み物は、両方とものどの入り口を通り、通り道がぶつかってしまいます。それなのにゴチャゴチャにならずに、空気が肺に、食べ物が胃にちゃんと届くのは、のどの入り口が上手に整理をしてくれているからです。

歯のこばなし
今日のお天気