なぜ歯はU字型に並ぶ?

歯は押されることによってジワジワと移動すると、知っていますか?
でも歯は硬い骨にガッチリと植わっていますね。なぜ動くことができるのでしょうか?

大きな地震があると、周りをコンクリートで固めてある電柱が動いたり倒れたりすることがあります。このときコンクリートは崩れてボロボロ。
でも歯が動くとき、周りの骨は崩れたりしません。これには、前に紹介した「歯根膜」が大きな役割を果たしています。

歯に力が加わって骨を押し続けると、骨はジワジワと減ります。減るとすき間ができて押された歯がそこへ移動します。移動した方向の反対側にできたすき間には、新しい骨が作られます。こうして、歯は周りの組織を崩すことなく移動することができるのです。

骨を減らす仕事は破骨細胞。増やす仕事は骨芽細胞が担当です。
どちらも歯根膜の中にいて普段は休んでいますが、歯に力が加わると、活発に働き始めます。

ところで、歯は口の中で規則正しくU字型に並んでいますよね。これはなぜかご存知でしょうか?歯はいつも、外側からくちびるとほっぺに押され、内側からは舌に押されています。この2つの力がちょうどつり合う居心地のいい場所に歯は動き、整列しているのです。

むし歯で崩れた歯を放っておくと、隣の歯や反対側の歯がそのスペースに動いてきたり倒れたりしてきます。
むし歯の治療をきちんとすることは、歯並びをきれいに保つことにもつながりますので、気を付けていきましょう!


予約
歯のこばなし
今日のお天気