唾液パワーで若々しさを保つ「アンチエイジング歯科」

「アンチエイジング歯科」という名称を聞いたことがあるでしょうか?
歯医者さんとアンチエイジングなんて意外な組み合わせに思えますが、ここでは口と歯の健康を増進することで全身の老化を防ぐ指導が行われています。

若々しさを保つ秘訣は、唾液パワーにあります。唾液はむし歯や歯周病予防にも力を発揮しますが、その成分には、皮膚や骨、脳など全身の細胞の新陳代謝を促したり、気力や活力を生み出したりと、心身のさまざまな機能を若返らせる「パロチン」という唾液ホルモンが含まれることがわかってきました。「ペルオキシターゼ」という成分には、発がん物質によって産生される活性酸素を抑える働きもあります。

また、食べ物をよく噛むことで唾液の分泌は10倍にもなるといいますが、噛むという動作は顔の肌や粘膜のコラーゲンや、骨のカルシウムを増やし、口のまわりの筋肉も鍛えます。


つまり、歯が健康でしっかりと噛めれば、全身の健康と美容をキープできるのです。

歯のこばなし
今日のお天気