歯周病の原因は「プラーク」と「歯石」

歯周病の第一の原因は、歯磨きで取り除けなかった「プラーク」です。

プラークは食べかすだと思っている人が多いですが、実は歯周病菌などの細菌のかたまりです。
わずか1mgのプラークには約1億個もの細菌が棲みついています。

プラークは最初は軟らかいので歯磨きなどで取り除くことができますが、さらに時間が経つと、唾液中のカルシウムなどと結合して石灰化し、約2週間後から硬い「歯石」になりはじめます。
この歯石は歯磨きでは除去できません。
また表面がざらざらしているので放置すると歯石の上にさらにプラークがつきやすくなり、歯石はたまるいっぽうです。

このプラークは歯肉溝の中に入り込み、歯周組織を破壊しながら歯肉ポケット、歯周ポケットを作り、さらに深いところへと進んでいきます。
歯周病菌は酸素を嫌うため、空気の少ない深い歯周ポケットは恰好の棲家。
奥へ奥へと歯周病菌はプラークとともに侵入し、炎症が広がっていくのです。

歯のこばなし
今日のお天気