歯周病が進行するとやがて歯が自然に抜け落ちる

歯肉炎が進行すると炎症が根の先の方向の歯周組織へ広がり、次第に歯肉ポケットが深くなっていき、さらに歯の周りの骨を壊す歯周炎に移行すると歯周ポケットが作られます。

歯周ポケットの奥深くに入り込んだプラークや歯石は取り除くのが難しくなり、プラークの中の歯周組織は、どんどん繁殖して歯周組織を攻撃し続けます。
炎症が進んで中等度の歯周炎になると歯槽骨の破壊が進み、少し硬いものを食べただけでも歯が動き、歯肉からもよく出血するようになります。

さらに重度の歯周炎になると、歯肉が大きく下がって歯が伸びたように見え、歯と歯の隙間が大きくあき、歯の揺れもさらに大きくなります。
歯周ポケットから膿が出ることもあり、ひどく口が臭うようになります。
歯をぐっと噛み合せると痛みも伴います。

ここまで進行すると、もう歯の根を支えられるだけの歯槽骨は溶けてなくなり、歯が自然に抜けてしまいます。
また、歯を残す治療自体も困難となってしまいます。

予約
歯のこばなし
今日のお天気