「糖尿病」と歯周病は互いに足を引っ張り合う

 糖尿病は、特に歯周病との関連が指摘されている病気です。

その理由は2つあります。ひとつは、糖尿病の人は健康な人より2倍以上も歯周病にかかりやすく悪化もしやすいという点。もうひとつは反対に、歯周病にかかっていると血糖値が下がりにくく、糖尿病を重症化させるという点です。
つまり糖尿病と歯周病は、お互いに足を引っ張り合う負の相関関係にあるのです。

糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気です。
血糖値が高い状態が続くと全身の血管がもろくなり、腎不全、網膜障害、神経障害などの重大な合併症を起しますが、高血糖による血管障害は歯周組織にも起こります。
歯肉の毛細血管をもろくして炎症を悪化させます。
また、糖尿病になると全身の免疫力の低下して歯周病菌の増殖を抑えることができず、さらには唾液の分泌が減少するため口の中の自浄作用も低下し歯周病が悪化します。
こうしたことから、いまや歯周病は糖尿病の6番目の合併症といわれています。

予約
歯のこばなし
今日のお天気