歯周病は血液を介して「全身」に悪影響を及ぼす

歯周病が口の中にダメージを与えることは理解できても、命に関わるような病気の引き金になるという危機感を持っている人はまだ少ないと思います。

しかし、歯周病菌や歯周病の炎症によって産生されたさまざまな物質は、血液の流れに乗って体のすみずみまで運ばれ、重大な全身疾患の原因のひとつになったり、重症化のリスクを高めることが最近の研究によってわかってきました。

歯周病の本当の怖さは歯を失う事だけではなく、その影響が全身に及ぶことです。

特に関連が認められるのは、糖尿病、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞、誤嚥性肺炎、早産、低体重児出産、骨粗鬆症、メタボリックシンドロームなど。
また、歯周病によって歯を失うことは、現代社会で深刻化している認知症の発症にも深く関係しています。

さらに、歯周病にかかっていると、そうした全身疾患が治りにくいという報告も多数あります。
さまざまな全身の病気の治療のためにも歯周病を防ぐことは必要なのです。

歯のこばなし
今日のお天気