「動脈硬化」を招き重大な病気に至ることも

 動脈硬化とは、血管の内壁にコレステロールや中性脂肪などが蓄積したものが形成され、血管が硬くなり肥厚した状態をいいます。
動脈硬化が進行すると血栓ができやすく、血管が詰まったり、血管が破れるなどの危険が高まり、やがて心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾患を起こすことで知られます。
 
 動脈硬化の主な危険因子として挙げられるのは、加齢のほか、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙、肥満、そして歯周病です。
以前は、悪玉コレステロールや中性脂肪の過剰摂取が主因とされましたが、近年では細菌やウイルスの感染も深く関わっているといわれています。
歯周病菌が歯肉の血管から全身へ運ばれ、動脈の血管壁に感染して炎症を起こし、これが動脈硬化の引き金になっているというのです。
 実際に、動脈硬化を起こした血管の壁から歯周病菌が見つかったという例は多数あります。
歯周病を単なる歯の病気とあなどってはいけません。

予約
歯のこばなし
今日のお天気