歯みがきの歴史

歯ブラシと歯.jpeg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。

みなさんは、歯みがきの歴史をご存知ですか??
歯のケアといえば昔も今も歯みがきです。歯みがきは、時代と共にどのように変わってきたのでしょうか。過去を振り返って最善策を検討してみましょう。

歯ブラシの起源は釈迦の教え!?

10万年前のネアンデールタール人の化石を調べると、アジアでもヨーロッパでも歯に縦筋が見られます。人類学者は、この筋が堅い楊枝で歯を強くこすったからできたものに違いない、と考えています。また、チンパンジーの仲間には、木の枝で歯をみがくものがいることが報告されていることから、この木の枝が楊枝(=歯木)や歯ブラシの始まりだったと考えられています。

日本に楊枝が伝わったのは、奈良時代です。仏教と共に伝来したといわれています。お釈迦様(紀元前500年)は、木の枝で歯をみがくことを弟子たちに教えました。これが楊枝と歯ブラシの元祖だと考える人もいます。平安時代の終わりには、僧侶が使った楊枝が貴族から庶民へと伝わり、室町時代には、房楊枝と同様、先端を鋭く尖らせたいわゆる「爪楊枝」も使われました。江戸時代には、一方が毛筆のように房状になっており、さらにその柄の部分はカーブしていて、舌掃除に使うものがありました。そして楊枝は房楊枝(江戸時代)と進化します。房楊枝は、楊柳の端を叩いて房状にした約12㎝ほどのものです。洗顔時に、房州砂に竜脳、丁子、じゃこうなどの香料を混ぜた歯みがき粉や下総の行徳塩、吉良の焼塩などの歯みがき塩を小皿にのせて房楊枝につけてみがいていました。明治のころには鯨の髭(歯)を使った西洋式の鯨楊枝となり、現在に至ったとされています。

現在でも歯木を使っているインドやアフリカなどでは、伝統的な歯木やスーク(市場)で売られています。枝の一端をかんでブラシ状にして使うのが一般的ですが、クルミなどの乾燥した木の皮を2~3センチの幅に切って使うことも多いようです。歯木といえば原始的に思われますが、使われる木はいずれも葉木で、この樹液の中に含まれるフッ素やタンニンの抽出液を使った練り歯みがきも作られています。

私たちが普段何気なく使っている歯ブラシにも、こんな歴史があったとは驚きですね!
昔から、お口のエチケットはやはり大切なことだと考えられていたんですね。


少しでも気になるところがある方はお気軽にご相談ください!
当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です。

科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科 託児も保育専門スタッフがいるので安心~

予約
歯のこばなし
今日のお天気