親知らずって抜いたほうがいいの?


親知らずというと、「抜かないと・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか?
ですが実は、全ての親知らずが、すぐにでも抜かないといけないわけではありません。
ほかの歯と同じように真っ直ぐ生えており、健康な状態が保たれている場合は、
即抜歯、という判断には至りません。


ただ、現代人はあごの幅が小さくなっているために親知らずがキチンと生えるスペースがない場合が多いです。

では
どんな場合に抜いたほうがいいのでしょうか?


①斜めや横倒しに生えている

親知らずが斜めや横倒しで生えてしまっていると、隙間に歯ブラシが届かず、衛生的な状態を保ちにくくなるため、虫歯になったり周りの歯茎が炎症を起こしたります。また、生え方によっては隣の歯を圧迫して歯並びに影響を与える場合もあります。


②噛み合う歯がない

上あごの親知らずの場合で、まっすぐに生えていても、その歯と噛み合う歯が存在しない場合は、抜いた方が良いと判断される場合があります。 噛み合う歯がないと歯が下に伸び、かみ合わせたときに歯茎などの周囲の組織を傷つける可能性があります。また、かみ合わせを悪くする可能性もあります。

このように、親知らず自体が他に何らかの影響を与えてしまっている、与えてしまう可能性が高い、ということが決め手になります。
実際に、奥歯のさらに奥にある親知らずは、やはりハブラシが届きにくく、虫歯になっていおまったり、歯茎が炎症を起こしたりすることが多く、逆を言いますと、親知らずを残しておかなくてはいけない、という決まりはありません。

ですので、当院では「親知らずが生えてきた」というお話のもとにいらっしゃった患者様へは、「抜きたくない」という強いご意思がなければ、抜歯のご相談もさせていただいております。

まずは気軽にご相談ください!


本日も皆さまのご来院をお待ちしております☆


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日


歯のこばなし
今日のお天気