歯の痛み、虫歯でお困りの患者さまへ

歯の痛み、虫歯でお困りの患者さまへ

歯がズキズキ痛む、歯茎が腫れて痛いなどの症状の場合、虫歯や歯周病がもっとも疑われます。虫歯は風邪などと違い、放置しておいても治る病気ではありません。
早めの治療によって、治療時間も痛みも費用も節減できます。

虫歯治療が痛そうで怖い!という方もご安心下さい

虫歯治療が痛そうで怖い!という方もご安心下さい

「虫歯治療が痛そうで怖い!」という理由で治療を先延ばしにしてしまう患者さまが多くいらっしゃいます。
歯を削る際には麻酔を使用しますが、この麻酔の針が刺さる時の痛み、また、麻酔液の注入時の痛みも、歯科医院が敬遠されてしまう理由のひとつでした。
現在当院では電動麻酔器などを使用した、無痛麻酔」を実施しています。麻酔の注射の痛みが心配な患者さまも、どうぞ安心して受診してください。

当院は余計に歯を削らない方法があります。

decayed-tooth10.jpg

従来の虫歯検査では、初期むし歯は検査の道具で削れてしまいます。ごく初期であれば削らず進行止めのお薬を塗ったり、家でのブラッシングで悪化を防ぐことができます。
これらの歯を削らないですむ「最新虫歯診断装置」は、レーザーが出るチップを歯に当てるだけでまったく痛みなく虫歯を発見できます。
また、黒く変色していて一見、治療が必要に見えても進行が止まっているものや虫歯の色に似たただの着色であるということまでも分かります。
若葉駅に近い当院ではではこの「最新虫歯診断装置」を使うことにより、少しでも歯を削らないことが可能なっています。

虫歯は痛い「治療」から、痛くない「予防」の時代へ

虫歯は痛い「治療」から、痛くない「予防」の時代へ

以前は、虫歯は小さいうちに削って治すのが良いと信じられていました。しかし、新しい研究結果が蓄積され、適切な予防(フッ化物・キシリトールの利用や歯磨き)を行えばむし歯の進行を止められることがわかりました。さらに、虫歯は削らず様子を見たほうが、歯が長持ちすることまでもわかってきました。つまり昔の、「早期発見・早期治療」から、歯をできるだけ削らない「早期発見・早期予防」の大きな流れがでてきたのです。もちろん、予防をしても進行が進んだ虫歯は、当然治療が必要になります。
また、治療か予防するべきか判断が難しい虫歯もあります。その時は、3ヶ月位は様子を見て、虫歯が進行するならば治療を行い、進行しなければ予防処置を行うことが虫歯治療の先端であるフィンランドでは推奨されています。 (通常の虫歯であれば、3ヶ月~半年程度で急速に進行するということはほぼありません)。 坂戸・川越市からも近いプラザ若葉歯科では、虫歯治療の最先端であるフィンランドで行われている方法を採用しています。

虫歯の原因

歯をみがく目的の1つとして「歯垢をとる」というのがあります。むし歯の原因である歯垢が歯に付着するのに約8時間、歯垢が固まり、歯ブラシでとれなくなるのに約24時間かかります。歯ブラシとれなくなった歯垢をバイオフィルムといいます。その中にはなんと細菌が1億個以上生息しています。それが常時歯にくっついているので虫歯菌が歯を溶かして虫歯になります。
このバイオフィルムにおおわれた歯は、ミュータンス菌が出す強い酸によって溶かされ、虫歯ができていくのです、プラークをつくらない、バイオフィルムをつくらせない、これが虫歯の本格的な治療であり、予防なのです。
私たちの身近にあるバイオフィルムといえば、台所の三角コーナーや排水口、風呂場の排水口にヌルヌルとした膜が表面をおおっています。あれがバイオフィルムです。バイオフィルムとは細菌がつくり出した膜です。
洗剤をかけても、たわしでゴシゴシこすってもとれにくい、あの不快な汚れの塊。あんなものが歯についていると思うとぞっとします。
バイオフィルムが問題視されるようになったのは、血管や尿管に入れる管、カテーテルといいますが、カテーテルなど人工機器が体内に入れられ、人間の機能を補うものとして利用されるようになってからのことです。
これらの人工機器が体内に入れられると、しだいにその表面に細菌によって膜のようなものがつくられ、その膜に守られた環境で細菌が増殖してしまうということが起きてきたのです。
バイオフィルムができてしまうと、抗生物質などの薬もその膜にはね返されて内側に浸透しなくなります。そのため、細菌による感染が起こり、尿管カテーテルのバイオフィルムに巣くった細菌のために膀胱炎になるというようなことが起きています。
こうしたことからバイオフィルムが注目されるようになりました。坂戸市に近い当院は、このバイオフィルムとその除去の徹底を行っております。

虫歯菌がなぜバイオフィルムの中で生き続けられるのか

虫歯菌がなぜバイオフィルムの中で生き続けられるのか

そして、体の中でいちばん硬い歯の表面でも同じようなことが起きていることがわかったのです。
ミュータンス菌は砂糖をえさとして食べてバイオフィルムを厚くして、その中でどんどん増殖します。そして、排泄物として乳酸などの酸を出し、歯のエナメル質を溶かしていきます。
バイオフィルムができてしまうと、唾液も歯のエナメル質にふれることができなくなり、唾液の洗浄作用も働きません。細菌がますます繁殖しやすい環境になります。
さらに、ミュータンス菌はいったんバイオフィルムをつくってしまうと、デキストラーゼという酵素を分泌して、自分たちがつくったネバネバのグルカンそのものもえさにして生き続け、乳酸を出しつづけます。
自分がつくり出したものをえさにすることができるので、砂糖がそれ以上入ってこなくても(甘いものを食べつづけなくても)虫歯をどんどん進行させてしまうのです。唾液も薬も届かない、無法地帯が歯の表面にできてしまうのです。
できたばかりのバイオフィルム、薄いものなら歯ブラシでとることはできますが、城壁の様に強固にできあがってしまったバイオフィルムは、歯ブラシでこすったぐらいではとれません。
バイオフィルムは抗生物質さえ通しません。洗口剤がバイオフィルムの中に進入することはありえません。
歯の表面についてこびりついてしまったバイオフィルムは、機械を使った専門的な清掃によってはがすしか方法はないのです。
そして、はがしたあとは、再びバイオフィルムができないような環境に口の中をすることが必要です。
そのためには、歯科医と歯科衛生士の手助けが必要なのです。

虫歯になった原因を取り除く。それこそが、本当の「虫歯治療」です!

decayed-tooth13.jpg

歯医者で虫歯を治療しても、虫歯が本当に治っているわけではありません。なぜかと言うと、一度でも治療をした歯は治療をしたことがない健康な歯に比べ、再び虫歯になり易くなるからです。
つまり、一番虫歯になりにくいのは、一度も治療をしたことがない健康な歯なのです。
そして「一番虫歯になりにくい歯」が虫歯になったら、虫歯の本当の原因を取り除かない限り、再び虫歯になってしまいます。
虫歯になってしまった原因を取り除くことこそが、本当の「虫歯治療」です!

虫歯の治療について

予約
歯のこばなし
今日のお天気
周辺地域の情報