虫歯菌がなぜバイオフィルムの中で生き続けられるのか

虫歯菌がなぜバイオフィルムの中で生き続けられるのか

そして、体の中でいちばん硬い歯の表面でも同じようなことが起きていることがわかったのです。
ミュータンス菌は砂糖をえさとして食べてバイオフィルムを厚くして、その中でどんどん増殖します。そして、排泄物として乳酸などの酸を出し、歯のエナメル質を溶かしていきます。
バイオフィルムができてしまうと、唾液も歯のエナメル質にふれることができなくなり、唾液の洗浄作用も働きません。細菌がますます繁殖しやすい環境になります。
さらに、ミュータンス菌はいったんバイオフィルムをつくってしまうと、デキストラーゼという酵素を分泌して、自分たちがつくったネバネバのグルカンそのものもえさにして生き続け、乳酸を出しつづけます。
自分がつくり出したものをえさにすることができるので、砂糖がそれ以上入ってこなくても(甘いものを食べつづけなくても)虫歯をどんどん進行させてしまうのです。唾液も薬も届かない、無法地帯が歯の表面にできてしまうのです。
できたばかりのバイオフィルム、薄いものなら歯ブラシでとることはできますが、城壁の様に強固にできあがってしまったバイオフィルムは、歯ブラシでこすったぐらいではとれません。
バイオフィルムは抗生物質さえ通しません。洗口剤がバイオフィルムの中に進入することはありえません。
歯の表面についてこびりついてしまったバイオフィルムは、機械を使った専門的な清掃によってはがすしか方法はないのです。
そして、はがしたあとは、再びバイオフィルムができないような環境に口の中をすることが必要です。
そのためには、歯科医と歯科衛生士の手助けが必要なのです。

予約
歯のこばなし
今日のお天気