知覚過敏の治療法

知覚過敏がおこっている原因別に治療法をご紹介します。

間違ったブラッシングが原因の場合

力強く磨くなど、間違ったブラッシングをすると歯がすり減ってしまったり、歯茎が下がって歯の根っこが出てきてしまったりして知覚過敏を引き起こします。その場合は正しい歯磨きの方法を覚えることが大切です。正しい歯みがきで歯がすり減ったり歯茎が下がったりすることを防ぎます。また、歯の再石灰化を促進することで知覚過敏を改善します。

歯周病が原因の場合

歯周病によって歯茎が下がり、歯の根っこ部分が露出することで知覚過敏になるケースもあります。正しい歯磨き方法を覚えることも大切ですが、歯周病を治療していく必要があります。

歯ぎしりやかみ合わせが原因の場合

歯ぎしりやくいしばり、噛み合わせに問題があることで歯が削れたり、ヒビが入ってしまうことで知覚過敏になってしまう場合もあります。
歯ぎしりをしてしまう場合は、マウスピースを装着することで歯を保護します。
噛み合せが原因の場合は、歯科医院で歯を少し削ることで噛み合わせを調整したりします。

坂戸市からも近い鶴ヶ島のプラザ若葉歯科では、正しい歯磨き指導を行っております!

予約
歯のこばなし
今日のお天気
周辺地域の情報