できるだけ痛みの少ない無痛治療

痛いのは誰でもイヤですよね。そして、医科のテクニックを応用しながら最新の電動麻酔注射器を使用すると驚く程、麻酔が痛くないのです。
麻酔をすれば、基本的に痛みを感じずに治療が出来ます。
治療器具や診療技術が進歩した今、鶴ヶ島・坂戸市にある当院では、塗り麻酔薬や無痛注射針などを併用しますので、痛みのない治療が可能です。

無痛麻酔の特徴

STEP1表面麻酔

無痛麻酔の特徴

無痛治療を行うために、まず麻酔を打つ部分に表面麻酔を塗ります。そうすることにより麻酔の際チクッという痛みを感じなく麻酔液を注入することができます。麻酔液の注射の際、痛みが出ないようにする前準備はとても大切です。

STEP2細い注射針を使用する

無痛麻酔の特徴

無痛治療を行うために針の中で1番細い注射針を使用しています。 通常の歯科医院は、30Gか31Gの注射針を使用します。鶴ヶ島市のプラザ若葉歯科ではさらに細い33Gの注射針を使用しています。これにより針で刺す時の痛みをさらに軽減することが可能となります。

STEP3 

無痛麻酔の特徴

若葉駅に近いプラザ若葉歯科では、無痛治療を行うために医科領域の麻酔方法を利用して行っています。このテクニックを応用することでお痛みがなく麻酔を行うことができます。とても重要なポイントです。

STEP4電動麻酔注射器

無痛麻酔の特徴

無痛治療を行うためには、麻酔の液をゆっくり打たなければいけません。 そのため坂戸市・川越市にも近いプラザ若葉歯科では、世界初コンピュータ制御コードレス注射器を使用しております。「注射開始から注入速度が緩やかに上がる」「注入速度が電圧などに左右されない」など痛みのない理想的な注射をコンピュータが自動コントロールできるようになりました。このためお痛みはかなり少ないと思います。
歯のこばなし
今日のお天気