歯の疾患は万病の元

歯の疾患は万病の元

歯は表層が『エナメル質』で最も硬く、中身は『象牙質』、中心は『歯髄』と言って血管と神経が通っています。歯が欠けてしまった場合、放っておくとかみ合わせの"相手先の歯"がかみ合わせを合わせようとし、伸びてきてしまうケースがあります。また、象牙質が現れてしまっている場合は特に、歯牙質は削れやすく、虫歯になりやすいため口臭の原因にもなったり、欠けた部分で頬を傷付け口内炎などの原因にもなります。体に栄養素を取り込む入り口は口であり、歯の疾患は万病の元です。

歯が欠けた場合の治療方法

歯が欠けてしまった場合の治療方法は、歯科治療用語で「補綴(ほてつ)」と言います。
一般的に、患者さんが歯医者で「補綴(ほてつ)をしてください」と言うことはあまりないと思いますが、「歯が欠けてしまった」と言った場合、歯科医院では補綴(ほてつ)という処置・治療を施すケースがほとんどです。

補綴は、むし歯を治すこととは少し違います。
欠けた歯の状態により千差万別ではありますが、保険適用の治療をご希望であれば、レジンなどのプラスチック材質を使用して処置を行います。「きれいに見せたい」など、審美的なご要望がある場合は「冠(かん)」という、白いクラウン(冠)を被せる処置をします。いわゆる「差し歯」です。
また、歯がなくなってしまった場合は、取り外しができる入れ歯、取り外しができない入れ歯(ブリッジ)、インプラントという治療方法もあります。

表にしてみると以下のようになります。

歯が欠けた場合の治療方法

鶴ヶ島・坂戸市の当院は、丁寧な治療を心がけています!

予約
歯のこばなし
今日のお天気