金属アレルギーとは

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは、金属が体液(汗・唾液)に触れ溶け出し、その金属イオンが皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)を引き起こすことです。皮膚トラブルで内科に訪れた患者さんに対し、一般の治療をしても改善が見られない場合、歯科で歯をチェックしてみて下さい。
保険で被せた金属の詰め物には、金属アレルギーを起こしやすい、クロム・コバルトやニッケル、などを含有しています。検査結果により、歯科用金属が原因であると判断された場合、外用薬や内服薬の使用では治癒しません。このため金属抗原除去などの治療が必要になります。
アレルギーは自覚がない人でも、突然症状が現れます。そして花粉症のように年々原因物質が体内に蓄積し症状が悪化します。気になる方は毒素(金属イオン)を体内に堆積する前に1度検査してみたほうが良いかもしれません。

金属アレルギー検査方法

金属アレルギー検査方法

アレルギーには1型~4型までの4つの型があります。通常アレルギーと呼ばれているのはIgE抗体が関与している1型アレルギーです。アレルギー性接触皮膚炎は4型アレルギーに属し、IgE抗体は関与していません。よって、金属アレルギーは血液検査では特定できず、原因解明には皮膚テストという検査になります。金属アレルギー検査の信頼性はアレルギーがある人だけが常に反応するというわけではありません。検査は金属20種類の専用検査薬で判定していきます。

金属除去後のかぶせ物

被せ物の金属を修復する際

金属除去後のかぶせ物

オールセラミッククラウン
全く金属を使用しない見た目にも美しいかぶせ物です。

一部分の金属を修復する際

金属除去後のかぶせ物2

セラミックインレー
e-maxという新しい材料により、比較的小さな金属は白く薄くして修復します。

小さな金属を修復する際

小さな金属を修復する際

レジン(保険対応);小さな虫歯や小さく欠けた所を修復する金属ではないレジンという白い材料です。これを使用して修復します。色が少し変色したり、擦り減りが起こり易いのが欠点です。
色調を気にされる方や詰めた物の擦り減りを予防したい方にはには、ダイレクトボンディングとういう方法が保険外であります。ナノテクノロジーにより新しく開発された材料を使用します。せっかくやり治すのであれば、できあががりきれいな仕上がりが変わらず手に入れられます。

坂戸市からも近い鶴ヶ島のプラザ若葉歯科では、金属を使わない被せ物も扱っております!

小さな金属を修復する際

鶴ヶ島・坂戸市の歯医者はプラザ若葉歯科|小さな金属を修復する際

レジン(保険対応);小さな虫歯や小さく欠けた所を修復する金属ではないレジンという白い材料です。これを使用して修復します。色が少し変色したり、擦り減りが起こり易いのが欠点です。
色調を気にされる方や詰めた物の擦り減りを予防したい方にはには、ダイレクトボンディングとういう方法が保険外であります。ナノテクノロジーにより新しく開発された材料を使用します。せっかくやり治すのであれば、できあががりきれいな仕上がりが変わらず手に入れられます。

坂戸市からも近い鶴ヶ島のプラザ若葉歯科では、金属を使わない被せ物も扱っております!

予約
歯のこばなし
今日のお天気