PMTC(プロフェッショナルメカニカルティースクリーニング)

PMTC(プロフェッショナルメカニカルティースクリーニング)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning )とは、普段の歯磨きでは取り除ききれない歯垢や着色汚れ、細菌などを専門の機械を使って除去するクリーニング方法です。
歯と歯の間や歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)、奥歯の内側などはご自身でケアするには限界があります。定期的にPMTCを受けることで、むし歯や歯周病になりにくい口内環境を保てます。また、カリカリと歯石を取るような治療と違い、専用のブラシを使って磨いていくため刺激が少なく、「キーン」といった歯医者特有の音や痛みもありませんので歯医者嫌いの方でも安心です。
『今後の歯科治療はCureからCareへ』と言われています。PMTCは将来、歯科治療のメインになりえる治療法です。

※『Cure:キュアー』とは治療行為による処置介入を意味しており、虫歯治療、抜歯、インプラントなどをさします。

※『Care: ケアー』とは予防管理を意味しており、定期検診、歯磨き指導、PMTC(クリーニング)などをさします。

PMTCの手順

STEP1プラークの染め出し

PMTCの手順

専用の染出剤を塗り、磨き残しを可視化させます。(古いプラークと新しいプラークで2色に分かれます)普段のブラッシングで手が届きにくい場所をはっきりさせ、必要に応じてブラッシング指導を行います。また、PMTC前にお口の中をチェックし、歯や歯肉に問題がないかのチェック、歯石の除去も行います。

STEP2研磨剤の注入

PMTCの手順

専用の器具からフッ素入りの研磨剤を注入します。通常の歯磨きでは磨きにくい歯の付け根や歯と歯の間の部分に塗ります。

STEP3歯と歯の間の清掃、研磨

PMTCの手順

専用のチップで歯と歯の間を磨いていきます。チップは患者さんのお口の状態に合わせたものを選び、汚れを落としていきます。

STEP4咬合面(咬む面)、歯の表面の清掃、研磨

奥歯の溝には山型のブラシ、表面や裏側などは軟らかい素材のものを使うなど、歯の形状に合わせて道具を使い分け、磨いていきます。

STEP5フッ素の塗布

PMTCの手順

歯の表面や歯周ポケットの洗浄が終わったら、最後の仕上げにフッ素を塗ります。歯を強くしながら虫歯菌の活動を抑える働きがあるため、虫歯予防にとても効果的です。なお、治療後はフッ素を歯に浸透させるためにも30分から1時間程度は飲食を避けて下さい。

坂戸市・鶴ヶ島にある当院では、定期的にPMTCをうけている患者様がたくさんいらっしゃいます!

予約
歯のこばなし
今日のお天気
周辺地域の情報