滅菌・消毒は愛です!

滅菌消毒は愛です

sterile.png

坂戸市・鶴ヶ島にある当院は、患者様へより清潔で安全な治療を受けていただくため、細部までこだわった滅菌環境を整えております。
お口の中に入れるものは全て超滅菌状態で使用できるように診療室環境の形態、機器を揃えております。
"除菌" "殺菌" "滅菌"の環境をこだわり組み合わせることで、他では類を見ないほど徹底した世界基準レベルの超滅菌主義が可能となっております。

当院は厚生労働省の指定した安全基準「歯科外来診療環境体制(外来環)」をクリアしている医院です。

完全滅菌(細菌やウイルスの完全除去)のための医院環境整備

滅菌とは細菌やウイルスの完全除去を行うことです。オートクレーブという機械が有名ですが、それを使用すれば完全滅菌できるわけではありません。使い捨てのできない器具をオートクレーブにかける際、器具に細菌が何層も付着していれば、表面のみの滅菌で、器具自体は汚染物質です。
つまり、オートクレーブにただかけるのではなく、かける前に除菌(細菌数を減らす)・殺菌(病原性を持った菌を減らす)が出来ていなければ滅菌の状態まで行うことができないのです。
当院はこれら3つのプロセスを全て誰でも再現性がある方法で世界基準レベルの滅菌を行っています。

1:院内の除菌(細菌・ウイルスを減らすこだわり)

坂戸市・鶴ヶ島にある当院は個室・半個室形態となっています。患者さんの出入り口と医療従業者の出入り口が全く別々なのです。これは患者さんのプライベートの確保と共に、人々が行き来する空間の遮断が、様々な交差感染を予防できるからです。
さらに、院内に吸気と排気の部屋を別に設け、きれいな空気だけを院内に送り込めるよう設計しています。通常の歯科医院設計は診療スペースの効率性のため、吸気と排気の部屋が機械室の中で同じ場所に位置されます。
しかし当院はあえて、歯科医師主体よりも患者様の医院環境重視に重きを置いた設計を行いました。つまり、患者さまに排気される空気と医院内に入れる吸気の機械質を別々に遠く離れた場所に設置したのです。これで、常に院内と患者様の口腔内に、清潔な空気や水しか巡回しないようになっているのです。
これら2つの医院設計をすることで医院の清潔環境が整備されます。当院は開業後7年立ちますが「開業した当初と同じくきれいですね」と言われるのは、きれいな空気を入れるだけでなく汚れた空気を循環させない排気までにこだわりがあるからです。いくらきれいに掃除しても空気は掃除できません。歯科医院の院内除菌は設計環境が大切です。

2:器具の殺菌

1、血液溶解剤に浸け、手洗い洗浄

中性洗剤にて大雑把な汚れを落とし、1つ1つの器具を丁寧にブラシを使って水洗します。水洗後、30分以上血液溶解剤に浸けタンパク質の膜を除去します。

2、超音波洗浄機

血液溶解剤を水洗します。それから大型の「超音波洗浄機」に器具消毒液を浸漬させ、30分以上超音波の力で機械洗浄を行います。 この作業を加えることで誰が行っても除菌・消毒まで完全に行える大切なプロセスです。

【超滅菌主義】は以下のプロセスによって実現しています。2

3、高温自動洗浄機

この「高温自動洗浄機」はプラザ若葉歯科の特徴で、高温で細かい細菌を熱処理で「殺菌」します。器具洗浄機の普及率は日本の歯科医院では1%以下です。しかし当院では、患者様への院内感染リスクを最小限に抑えるために、器具の殺菌・洗浄を洗浄機を用いることで徹底しています。機械で洗い方が均一のため、スタッフ誰がこの機械を使って洗っても完全にバクテリアを殺す事ができます。

【超滅菌主義】は以下のプロセスによって実現しています。2

3:器具の滅菌

オートクレーブ(滅菌器)

【超滅菌主義】は以下のプロセスによって実現しています。2

使い捨てに出来るものは使い捨てにします。

使い捨てに出来るものは使い捨てにします。

使い捨てに出来るものは使い捨てにしています。歯科医師・歯科衛生士が使用する、グローブは患者様ごとに必ず交換しています。お口の中に、入れるものは全て滅菌をし、自分自身が受けたい治療を徹底してご提供しております。それ以外のもの"殺菌"処理後、機器を1つ1つ分けて別々にパック処理をし、最後にオートクレーブ(滅菌器)にかけます。このオートクレーブにかけるまでの細かさがとても重要なのです。

手洗いが届かない機械内部や細かい器具までも滅菌します。

手洗いが届かない機械内部や細かい器具までも滅菌します。

手作業による機械内部や細かい歯を削る道具の洗浄は非常に難しいです。DACユニバーサルはこれら器具の内部および外部を徹底的に洗浄・滅菌処理を行える唯一の機械です。DACユニバーサルは、歯を削る道具の内部回路を隅々まで洗浄し、外部までも徹底的に洗浄後、滅菌処理を行います。

このように鶴ヶ島市・坂戸市にあるプラザ若葉歯科では、さらにその上の超滅菌主義を徹底しております。
『滅菌をしているから〇〇歯科へ行く』という患者様は、残念ながら今はまだ多くありません。しかし、これは私の医療人としてのモラルだと信じております。坂戸市と川越市の間にある若葉駅からも近い当院の医院ポリシーの一つは『自分たちが受けたい治療を患者様にご提供する』という信念があります。これはスタッフ一同、患者様皆様に安心してプラザ若葉歯科から目に見えない安全と安心をも提供したいと願っているからです。
埼玉医科大学口腔外科の指導教授の言葉で『滅菌は愛である』、という言葉を徹底して教わりました。当院は現在もこの言葉に基づき、目に見えない所まで全て滅菌をし、お口の中に入れる器具が必ず滅菌され、自分自身が受けたい治療を皆様に提供できるよう徹底していきたいと思います。

予約
歯のこばなし
今日のお天気