歯の詰め物(かぶせ物)が取れてしまった方へ

歯の詰め物(かぶせ物)が取れてしまった方へ

歯の詰め物(かぶせ物)が取れてしまった場合は、できるだけ早く詰め物を入れ直すことをお勧めします。

詰め物(被せ物)がとれた状態で放置してしまうと、そこに食べ物のカスが入り込んでしまったり、虫歯になってしまったりして大変な思いをしますので、早めにプラザ若葉歯科までご連絡ください。

詰め物(かぶせ物)の種類について

詰め物(かぶせ物)と言えば、銀色の詰め物(被せ物)を想像される方が多いと思います。しかし実際は銀だけではなく、様々な種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

銀歯のメリットとデメリット

銀歯のメリットは保険適用なので費用が安くすむことです。しかし、被せた銀歯の耐久年数は2年~5年です。また、部分的に被せた場合には特に隙間から虫歯が発生しやすくなります。その虫歯を治療するためには、一度かぶせ物を外して周囲をさらに削り、埋めなおす必要があります。もし数年毎に大きく削ることを繰り返せば、自分の歯がなくなってしまうだけではなく、歯の神経に対して大きくダメージを与えてしまいます。また金属アレルギーなどを起こしやすくなるリスクもあります。坂戸市・鶴ヶ島にあるプラザ若葉歯科はメリット・デメリットの説明を患者さんにわかりやすくご説明しますので、分からないことや不安なことはお気軽にご相談ください。

予約
歯のこばなし
今日のお天気