2018年1月 9日

虫歯の発生を防ぐには??

ブログ.jpeg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
今回は、私たちにとって身近な「虫歯」を引き起こす菌についてのお話です。

地上(歯ぐきよりも上)では、ミュータンス菌をはじめとした常在菌がテント生活をしています。これらのの細菌は、虫歯の原因菌です。ミュータンス菌は歯に残った糖分を食べ、糖分を分解してプラーク(歯垢)を作り出します。そこにミュータンス菌が増殖し、糖を発酵させ乳酸などの酸を生成します。酸は高濃度で歯のエナメル質を溶かし、虫歯にさせます。

ミュータンス菌を直接やっつける方法があればいいのですが、今のところ効果的な方法がありません。なので、ミュータンス菌が悪さをしないようにさせるためには、エサとなる糖分や住み家となるプラークを排除する方法が主な方法となります。

また、歯にプラークがついている時間が長いほど、虫歯になりやすくなります。食べた後はミュータンス菌の活動が急激に活発になりますので、時間的な要素も重要だとされています。食べたり飲んだりするたびに歯の表面は酸性に傾いてしまうので、いつもなにか口に入れている人は、かなり危険です。食べたらみがく、間食はなるべく回数を減らして、食事や間食は規則正しくとることが大切です。

虫歯になる条件は、「歯の質」「食べ物(糖分)」「細菌」「歯を磨くまでの時間」と言われ、4つの重要因子がそろった時に、虫歯が発生します。
もともとの歯の質はやむをえない部分があるかもしれませんが、食生活や歯をみがくタイミングなどは自分自身で注意し改善できる部分です。少しでも虫歯のリスクを減らせるように、できることから気を付けてみましょう!


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

予約
お知らせ
お知らせ一覧を見る
歯のこばなし
今日のお天気
周辺地域の情報