2018年2月13日

歯周病治療の解決の糸口は歯周ポケットの清掃だった!

歯ブラシ.jpeg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
歯周病は、進行してしまうと骨が溶けて歯が抜けてしまう...という恐ろしい病気ですが、どうすれば進行を防ぐことができるのでしょうか?

歯を抜けば虫歯にならないのは当然のこととしても、歯周病も進行しません。歯周病菌を撲滅したわけでもないし、生活習慣病を変えたわけでもありません。歯が悪者かというと、そうでもなさそうです。一生骨の中に埋まったまま生えてこない歯は、歯周病にはなりません。口の中に露出したことで、なにが変わったのでしょうか。

総入れ歯の人に、歯周病はありません。しかし、入れ歯にもプラークや歯石などの汚れは着きます。入れ歯もあまりに不潔にしていると、歯ぐきに炎症が起こります。過剰な圧力も一因とされていますが、入れ歯を清潔にすることで炎症は収まります。

歯周病の初期、歯肉炎は徹底した歯みがきをして、汚れを取り除けば治まります。ところが歯周病ともなると、少々はみがきを徹底しても、なかなか炎症は治まりません。歯肉炎と歯周病、いったいなにが違うのかを考えてみれば、解決策が見いだせるかもしれません。

最近の種類が違うという指摘もありますが、しょせんは常在菌です。空気の密度によって、生活できる常在菌の種類は異なります。最大の違いは、歯周ポケットの深さです。それによってなにが変わるかというと、清掃効果が大きく変わっています。

ですから、歯周ポケットの中まで徹底した清掃を行い続けることができれば、歯周病はコントロールできるのです。解決策の確立された歯肉炎は、生活習慣病とはいわれません。徹底した清掃を行い続けることができるようになれば、歯周病も生活習慣病といわれなくなるのではないでしょうか。

1960年代にデンマークの歯学部学生を使った実験では、1週間歯を磨かないでいるとプラークがたまり、歯肉に炎症が起きてくることが確かめられました。この実験で、炎症が起こるのはプラークが原因だということが初めて解明され、プラークを除去することが歯肉炎や歯周炎の予防になるとわかったのです。

プラークは、食べかすのように思われていますが、実際は、歯周病菌や虫歯菌とその代謝産物の塊です。プラーク1mg中に1億個以上という、とんでもない数の微生物が存在するといわれています。このプラークが付着していると、歯肉は腫れ、歯を支えている骨が吸収され、歯がぐらぐらしてきます。歯周病や虫歯を引き起こすもっとも重要な因子であり、初発因子と考えられています。したがって表面のプラークだけでなく、歯周ポケット内のプラークや歯石をはじめとしたすべての汚れを完璧に取り除くことにより、歯周病のコントロールが達成されます。

しかし、歯周ポケットの中までの清掃は、なかなか自身の歯ブラシだけではきちんと行うことは難しいです。歯科医院で、歯科衛生士が専用の器具を使用しながら清掃していくのがやはり一番おすすめですので、ぜひ、定期的に行っていきましょう!!

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

関連ページ

歯周病・歯槽膿漏

歯を失う1番の原因は歯周病であり、日本人は40代以上の9割は歯周病と言われています。
歯がしみる、ぐらぐらする、歯茎から出血があるなどの症状が見られたらご相談ください。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科
お知らせ
お知らせ一覧を見る

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気