2018年5月28日

高齢者の歯科治療

高齢者.jpeg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。
今回は、高齢者の歯科治療についてお話します。

高齢になるにしたがって、それまでどうにかとりつくろいながら使ってきた歯も、いよいよ限界を迎え、長時間の複雑な治療が必要となり、最終的には抜歯を迫られることになります。全身的な体力の衰えに加えて、さまざまな病気が加わって、歯の治療が困難な状況になってきます。

糖尿病は歯周病や虫歯の進行を早めますし、根の治療を行っても結果は予想以上に悪く、再発を繰り返します。骨粗しょう症などの治療に使われるビスフォスフォネート系の薬は、抜歯を行うにあたって、顎骨壊死の危険性が高まると言われています。脳血栓や心筋梗塞の再発予防に使われているワーファリンやバイアスピリンと呼ばれる抗擬固剤は、血をかたまりにくくする薬なので、抜歯や出血をともなう治療には注意が必要です。

一方、残っている歯自体にも老朽化が進み、長年の使用に耐えて健康と思われる歯にも多数の亀裂が入り、硬い物を食べたわけでもないのに簡単に割れてしまうことがあります。過去に被せた歯も、知らず知らずの間に虫歯が進み、たとえ治療し直したとしても、すぐに壊れてしまいます。

歯周病が進んでぐらつきだした歯は、次々と抜けて、そのたびに入れ歯の修理や作り直しを迫られます。入れ歯もなかなかなじまず、いく度となく調整を繰り返し、やっとなじんだころにはまた作り直すという悪循環です。こんなに苦労するののあら、思い切って総入れ歯にしたいという声も聞こえてきます。食事だけが楽しみといわれる人が多い中にあって、それすら思い通りにならないことが多いのが現実です。「若いころに、もっと歯を大切にしておけばよかった」と悔いを残さないためにも、いまからできる最善の道を選びましょう。

ちなみに、さきほどの話の中で出てきた抗凝固剤とビスフォスフォネート製剤について詳しくお話します。
ワーファリンは、ビタミンKの働きを抑えて血液を固まりにくくする薬です。心房細動、陳旧性心筋梗塞、冠動脈バイパス手術後、人工弁置換術後、静脈血栓症などの治療や治療後の再発予防として、ワーファリンを飲んで血栓ができることを防ぎます。そのため、抜歯後の出血が止まらないので、大事に至る可能性がないのかという心配もあります。

最近の見解としては、抗凝固剤を中断する必要はなく、抜歯後の止血を十分確認するとされています。止血しにくくても目に見える場所ですので、ガーゼのようなもので強く圧迫していれば、まず止まります。

2006年11月にはビスフォスフォネート製剤の重大な副作用として「顎骨壊死・顎骨骨髄炎」が追記されました。この副作用のほとんどが静脈内投与されたもので、骨粗鬆症に対する内服治療ではきわめてまれなことですので、抜歯できないということにはなりません。大切なことは、情報を共有し、共同してリスクを乗り越えることだと思います。

お薬を飲んでいる方で、歯医者で大きな治療ができるかご心配に思われている方は、一度ご相談下さいね。

鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

関連ページ

歯周病・歯槽膿漏

歯を失う1番の原因は歯周病であり、日本人は40代以上の9割は歯周病と言われています。
歯がしみる、ぐらぐらする、歯茎から出血があるなどの症状が見られたらご相談ください。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科
お知らせ
お知らせ一覧を見る

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気