2018年6月25日

初期の虫歯は簡単に治療できます!

レジン.jpg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。

みなさんは、虫歯の治療をした時に白い詰め物をしたことはありませんか?
虫歯や外傷などで、歯の一部に穴が開いたり欠けたりした部分(欠損部分)がある場合、それを修復することを「充填」といいます。充填によって、かむ、話す、審美性などの機能を回復すると同時に、さらなる虫歯や歯周病の拡大を防ぐことができます。

レジン充填に使用されるレジンには、レジンにフィラーを混合して強度を高めた「コンポジットレジン」というプラスチックのようなものを使います。特殊な接着剤を用いて、欠損部分以外の健全な歯を極力削らないで保存することが可能になったので、前歯から奥歯まで、小さな虫歯ならほとんどこの方法で治せます。色は歯の色に近く、審美的な回復が可能です。また、金属の部分をレジンに置き換えて、金属アレルギーの予防や改善も図れます。1回の治療で治せるので、治療期間が短いのが特徴です。

きれい、安い、簡単と三拍子そろった「レジン充填」ですが、まったく欠点がないわけではありません。レジン充填をすると、一見非常にきれいに治ります。しかし、5年以上たったときに同じ状態かというと、疑問が残ります。レジン系には"変色"と"磨耗"という欠点もあります。その場合には、同じように詰めなおすことは可能です。

また、歯茎の境を治療した場合、微妙な段差ができることがあります。爪で引っかくと引っかかるなどの自覚症状がある場合もあります。汚れの貯留は、歯茎の炎症を招いて歯周病の進行を助長します。そんなときは、段差がなくなるようによく研磨します。

ただし、アマルガム充填という方法は、逆にしないほうが良いと言われています。アマルガムは、1826年にヨーロッパで利用され始めてから、1970年代までは日本でも盛んに使われていました。粉と液を混ぜれば金属になるという、当時としては魔法の充填材料でした。アマルガムは、35%の銀と15%のすずと亜鉛、50%の水銀からできています。

この水銀が体に害がある物質だと思われています。ほかの歯科材料による金属アレルギーと同じように、イオン化した水銀化合物が体内に入り、タンパク質と結合すると、それによって過剰反応が引き起こされることになります。アトピーのような皮膚の炎症や、手のひらや足の裏などに水泡状の湿疹が繰り返し現れる「掌蹠膿疱症」との関連が疑われています。

また、子どもからアマルガムを除去したところ、アトピー性皮膚炎の症状が改善したと言う報告があります。アトピーの人は、アマルガムのみならず金属の詰め物、被せ物などのアレルギーの危険因子は、できるだけ排除したほうが良いかと思います。昔、歯医者でアマルガム充填をしたという方は、簡単に取り除き、レジンに変えることができます。

虫歯が進んでしまうと、充填では間に合わず、神経を抜いて被せなければならない・・・など、治療がどんどん大きくなっていってしまいます。虫歯かな?と思ったら、早めに歯医者を受診しましょう!


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心~

関連ページ

虫歯の治療

虫歯は放置しておいても治ることはありません。
早めの治療で痛みも治療期間も費用も節減できます。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科
お知らせ
お知らせ一覧を見る

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気