歯みがきの普及率は99%以上!?

歯みがきの普及率.jpeg
こんにちは!プラザ若葉歯科ブログ担当の佐藤です。

みなさんは、一日に歯みがきは何回ぐらいしていますか?
今日は歯磨きの普及率についてお話します。

昭和42年(1967年)に60%~80%だった歯みがきの普及率は、最近の調査によると99%以上にもなっています。そのうち1日に2回以上歯を磨く人は80%近くになり、3回以上の人も30%を超えるといいます。1日の平均歯みがき回数は2.4回で、補助的清掃用具の普及率も35%を超えています。

野生のチンパンジーも木の枝を使って歯みがきをしているといいましたが、動物園では、食生活や環境の変化によって動物たちが長寿化し、歯みがきの必要性に迫られています。それ以上に長寿化しした人間社会においては、みずからの手による歯磨きだけでは不十分です。虫歯も歯周病も、歯や歯ぐきに残ったプラークをはじめとした様々な汚れが原因ですから、歯みがきは理にかなったケアです。しかし、歯の表面ですら80%の清掃効果をあげるのが難しいとされている現実があり、歯周ポケット内の汚れにいたっては、まったく除去されていないといっても過言ではないでしょう。

文明が発達し、さらに長寿化した人間社会では、専門家による機械を使った、より高度な歯みがき(PMTC)を日常の習慣にする必要があります。古来より受け継がれてきた伝統的な歯みがきに加えて、30年ほど前に登場し、実績を積み重ねてきた新たな方法を定着させる時がきたと思います。

現在、歯科医院は「治療をする場所」から「予防をする場所」としての考え方が主流になってきています。人の人生は80年と言われる時代・・・自身の歯みがきと歯科医院でのメンテナンスで少しでも長持ちさせるためのケアの方法を実践していきましょう!


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気