予防歯科で歯の残存数が変わる

171213.jpg

歯周病の予防には、直接の原因となるプラークを取り除く「プラークコントロール」が一番ですが、喫煙やストレス、不規則な生活、歯ぎしりや口呼吸といったクセなど、生活習慣の乱れがあると歯周病が進行しやすくなります。
そしてバランスの偏った食生活も大きな原因。
これらはご家庭で改善できることなので、すぐにでも実行しましょう。
さらに何より大切なのは、定期的に歯科検診を受けることです。

予防歯科が進んでいる欧米諸国では、歯科の定期検診の受診率が70%ほどあるのに比べ、日本の受診率は10%程度と言われています。
その差は高齢になったときの残存歯数の差にもはっきりと表れています。
ある調査で行われた、70歳時点で残っている歯の平均本数です。

日本:8本
スウェーデン:20本
アメリカ:17本
イギリス:15本

日本人は、ほとんどの人が毎日、顔も洗うし、歯も磨くし、お風呂にも入ります。多くの新しい歯磨きや歯ブラシが出てきては、CMも放送されています。歯間ブラシやフロスなども出てきました。

きれい好き日本人なのに、歯がどんどん失われていくのはなぜでしょうか。それは、正しい歯磨きができていないからです。

しかし、歯磨きは上手にできていなようです。自分の磨きぐせでは、毎回同じようなところに取り切れない汚れがたまり、自分一人で自分の歯を磨くには、限界があります。

自分で確認できないものを、自分一人の力でどうにかすることはできません。歯の中は、どんなに鏡を駆使しても、歯の全ての部分を見渡すことはできません。

自分で自分のヘアカットはしないように、歯もプロにみてもらう必要があります。歯医者さんへ行き、衛生士さんに見てもらえば、磨き残しがたまってしまう部分がわかります。また、取り切れていなかった汚れをきれいにしてもらうこともできるのです。正しい歯の磨き方も指導もしてもらうことができます。歯周病と診断されれば、正しい歯磨きの仕方を習ったり、歯石除去やプロービング検査を受けることは健康保険でできます。

日本人の歯医者さんに関する考え方は、まだまだ予防からほど遠いものです。歯医者さんは歯が痛くなってから行くところ、と考えている人がまだまだ多いのです。痛くなってからでは、診療の時間もむし歯や歯周病の治療で埋まってしまいます。むし歯では削って埋めるしか、治療法はありません。

歯は消耗品。削る分だけ歯は失われていきます。また歯周病も完治することのない病気です。進行を緩やかにするか、食い止める努力をすることしかできないのです。歯周病によって失われてしまった歯や歯茎、顎の骨は元に戻すことはできません。

痛くなってから歯医者さんに行く人は、平均で70歳になるまでに20本近くの歯が失われています。残っている歯の数は10本以下となってしまいます。

しかし、痛くなる前に歯医者さんに予防のために通う人は、歯が失われる数は下がります。ずっと自分の歯で食べることができることは、とても大きな喜びです。

スウェーデンで歯の残存数が多いのは、予防歯科に30年以上前から力を入れているからだそうです。歯は予防の時代です。
20~30代は年1回、40代以降はできれば半年に1回、定期的に歯科検診を受けることを強くおすすめします。

鶴ヶ島市にある私たちのプラザ若葉歯科も元気に診療を行っております。鶴ヶ島市、坂戸市、川越市では、乳児から幼児にかけて自治体でも歯の定期検診などが行われています。歯は虫歯にしない、歯周病にもさせない。という気持ちをもって、健康な歯と食生活を大切にしてくださいね。


鶴ヶ島の歯科(歯医者)ならプラザ若葉歯科

当院は、坂戸・川越からも近く若葉駅からも歩いて来院できる歯医者です
科目;一般歯科・小児歯科・インプラント・矯正
~坂戸市・鶴ヶ島市の歯科。託児も保育専門スタッフがいるので安心。~

関連ページ

予防歯科で歯を守る

虫歯や歯周病になどの発生・進行を未然に防ぎます。
今後の歯科治療は治療処置よりも予防管理の時代とも言われています。

予約
鶴ヶ島・坂戸の予防歯科

〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1
レクセルプラザ若葉101

歯のこばなし
今日のお天気